トップページ > 自己破産者とお金の話し > 過払金返還請求 > 裁判はしたくないけど過払い金は全額回収したい!

裁判はしたくないけど過払い金は全額回収したい!

wakaremichi_man

裁判をしないで過払い金を全額回収することは出来るか?

結論から言うと、借り手本人が裁判をせずに支払い交渉だけで、利息を含めた過払い金の全額を回収することは極めて困難です。

もちろん、消費者金融業者には過払い金の返還義務があります。借りたお金を返す義務があるのと同じように、過払い金を全額払う義務が消費者金融業者にはあります。しかし、交渉の段階において、業者側がすんなりと全額支払いに応じることはほとんどありえません。全額回収するためには、裁判をするほかないというのが実状です。

過払い金請求の裁判はそれほど難しくない

これまで裁判など起こしたことがなく、知識も経験もないため、どうやったらいいか分からない、不安だという方がほとんどでしょう。しかし、取引経過が全部開示されている場合の過払い金返還訴訟に限れば、業者側は反論する理由もないわけですから、裁判はそれほど難しいものではありません。裁判になれば、借り手側が勝訴する場合が圧倒的に多いというのが実状です。裁判を起こして、逆にお金を取られて損をすることもありません。また、裁判を起こした後は、業者側も、敗訴判決を避けるために、妥協してくることもあります。

交渉の段階で合意をするか裁判に踏み切るかの判断基準

過払い金を全額回収したいのであれば、早期に裁判に踏み切るべきです。交渉の段階である程度の減額をしてでも和解をするか、裁判に踏み切るかは、それぞれのメリット・デメリットを具体的に考えて、どちらかが得かを検討してください。

引き直し計算をして即裁判という方法もある

本気で過払い金を全額回収するつもりであれば、引き直し計算が終了した時点で、交渉を抜きにして直ちに裁判を起こすという方法もあります。裁判を起こされて放置すれば敗訴するので、業者は否応なしに何らかの回答をしなければならなくなります。気の重い支払い交渉を抜きにして、引直計算をして過払い金の発生が明らかになったらすぐに裁判を起こし、裁判所で満額に近い金額で和解するという方法もあります。裁判をする負担はありますが、ムダな交渉を省くことで結果的には、早期の支払いにつながることが多いものです。

自分で裁判することが不安な方は弁護士や司法書士に依頼しても良いでしょう。費用の支出がありますが、過払い金請求の依頼であれば、弁護士に頼んでも赤字になりません。

自己破産・債務整理のメール&電話無料相談はこちら

相談料無料・着手金無料債務整理や自己破産を弁護士に電話相談・メール相談しましょう。
不利な状況で追い込まれる前に弁護士に相談して債務整理の道を選ぶべきです。
私も自己破産しましたがビックリするほど簡単にできますし社会復帰も早期に可能ですから。
■カテゴリ : 過払金返還請求 ■タグ : , , .
お金の失敗は必ずやり直せる! — 自己破産者が教える借金生活を変える法 自己破産借金完全整理なんでも事典 女王さまの自己破産確定・花井愛子 元サラ金取立てナンバーワンが書いた 自己破産せずに借金を返す法『特定調停』があなたを救う! 女性のための自己破産せずに借金を返す方法―多重債務者を救う特定調停講座 借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記 完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活 臆病者のための億万長者入門 (文春新書) お金が貯まるのは、どっち! ? タックスヘイヴン Tax Haven 自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本