トップページ > 自己破産者とお金の話し > 支払い滞納 > 公正証書は怖い!公正証書や委任状には判を押すな

公正証書は怖い!公正証書や委任状には判を押すな

1320392099886a

公正証書の法的拘束力はかなり強いですよね。
借金で公正証書の扱いを打診された場合はよく考えて締結しましょう。
公正証書とは一体どういうものなのでしょうか簡単に以下まとめます。

公正証書は極めて強力な証拠力がありますので裁判をする必要がありません。
また公正証書の原本は公証役場に保存されますので紛失・偽造の心配がない。
公正証書に強制執行ができる旨の条項を入れれば、相手方が金銭債務を履行しない場合に訴訟を起こさなくても、不動産・動産・給料などの財産を差し押さえる強制執行ができます。

公正証書は法務大臣が任命する公証人が作成する公文書です。
公証人は裁判官、検察官、法務局長、弁護士などから選ばれます。

公正証書は金銭債務についてのみ強制執行できるというのが特徴です。
金銭が絡んでいる主な契約は以下の契約が該当します。

金銭消費貸借契約
債務承認支払契約
売買契約
贈与契約
死因贈与契約
遺産分割協議
賃貸契約
請負契約
離婚協議
養育費支払い契約
公正証書遺言
不倫和解契約
交際解消和解契約
任意後見契約
事業用定期借地権設定契約

公正証書の執行力

債務者が約束通りに支払いが出来ない場合に、金銭貸付の公正証書があれば直ちに強制執行をかけることができます。債権者は裁判所に強制執行の申立てをすれば、財産の差し押さえがすぐにできるのです。
  
私文書の場合(契約書含む)は裁判をして勝訴判決を受けて判決が確定した後にはじめて執行ができますので、お金と時間が相当掛かることになります。

債権者にとって公正証書は極めて有利な契約ということになります。
公正証書の取り扱いには十分注意していきましょう。

自己破産・債務整理のメール&電話無料相談はこちら

相談料無料・着手金無料債務整理や自己破産を弁護士に電話相談・メール相談しましょう。
不利な状況で追い込まれる前に弁護士に相談して債務整理の道を選ぶべきです。
私も自己破産しましたがビックリするほど簡単にできますし社会復帰も早期に可能ですから。
■カテゴリ : 支払い滞納 ■タグ : , , .
お金の失敗は必ずやり直せる! — 自己破産者が教える借金生活を変える法 自己破産借金完全整理なんでも事典 女王さまの自己破産確定・花井愛子 元サラ金取立てナンバーワンが書いた 自己破産せずに借金を返す法『特定調停』があなたを救う! 女性のための自己破産せずに借金を返す方法―多重債務者を救う特定調停講座 借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記 完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活 臆病者のための億万長者入門 (文春新書) お金が貯まるのは、どっち! ? タックスヘイヴン Tax Haven 自己破産しない!任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本