エディオン元幹部逮捕!営業秘密「手土産」に競合他社へ、住宅リフォーム事業に関する情報を不正取得

トップページ > コンプライアンスニュース > 景品表示法違反・営業・下請法 > エディオン元幹部逮捕!営業秘密「手土産」に競合他社へ、住宅リフォーム事業に関する情報を不正取得

営業秘密「手土産」に競合他社へ 元役員を逮捕
読売新聞 1月13日(火)15時22分配信
家電量販大手エディオン(本社・大阪市)の幹部社員だった、子会社の元役員・笹沢淳容疑者(52)(兵庫県西宮市)が、エディオンの住宅リフォーム事業に関する情報を不正取得したとして、大阪府警は13日、不正競争防止法違反(営業秘密の不正取得)容疑で逮捕した。

住宅リフォーム事業は家電量販業界で急成長しており、笹沢容疑者はその責任者だったが、退職後、競合他社に部長職で再就職。府警は、エディオンの販売促進情報などが競合他社に流出したとみて調べる。

発表では、笹沢容疑者は在職中、社内で使用していたパソコンに遠隔操作を可能にするソフトをインストールするなどしたうえで、退職後の昨年1月下旬、エディオンが販売秘密として管理していた「販促スケジュール案」などを自身が使っているパソコンに転送し、不正取得した疑い。

府警は昨年12月に笹沢容疑者宅を捜索。笹沢容疑者は任意の調べに容疑を認めたという。

元課長は、競合する別の家電量販店に再就職し、情報を社内でほかの社員と共有していたという事件です。
パソコンを遠隔操作できるソフトを使ってエディオンの尼崎事務所のパソコンから、住宅リフォーム事業の販売計画の資料など営業秘密にあたるデータ4件を不正に取得しました。

再就職した会社の担当者は
「不正に情報を得ていたとは知らなかった。情報を社内で活用したことはない」

転職の際のいわゆる「お土産」になっていたとすれば会社側も罪に問われることになると思います。

最近は大手家電会社もリフォームなど異業種で多角化しているのですね。積極的多角化というよりも経営状況が悪い理由だと思いますが。

東芝データ漏洩、別の転職者が通報 容疑者を3日起訴
2014/4/3 1:44日本経済新聞 電子版
東芝の半導体メモリーを巡るデータ漏洩事件で、東京地検は3日、提携先の技術者だった杉田吉隆容疑者(52)を不正競争防止法違反の罪で起訴する見通しだ。事件が発覚したのは、流出先とされる韓国企業で働く別の日本人社員の通報がきっかけ。技術者が国境を越えてライバル企業間を行き来するなか、営業秘密が「手土産」として持ち出される危険性が改めて浮かび上がった。

半導体などハイテク事業は韓国企業やライバル企業などにも営業秘密が持ち出されていますよね。


1