非生産的な企業が陥りがちな8つの習慣

738 : 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん : 2009/09/30(水) 09:09:19
非生産的な企業が陥りがちな8つの習慣
(1)給料を削る
(2)休憩を取らせずに1日、ヘタすれば翌日まで会社に泊まらせて働かせ続ける
(3)好景気のときは大量採用、不景気のときは無採用という無計画人事
(4)自分に自信がないせいか、グローバルスタンダードなどというクソみたいな尺度に気を取られる
(5)不採算プロジェクトにまで「伝統だから」といってやたらとエネルギーを注ぐ
(6)従業員が人間であり、従業員も幸せになる権利があるはずなのに彼に必要な休息の時間というものを考えない
(7)単能機(トップがただの専門バカの叩き上げで、ジェネラリストではない)
(8)株主に対して無理な目標を立てる(そしてハデに自爆する)


32 : 名無しさん@十周年 : 2009/09/30(水) 06:20:06 ID:XrEXXt3E0
生産効率を高めて、一人当たりの就業時間を減らすならいいが
一人当たりの就業時間が減らずに、他の人を首にする方に行くからな。
生産効率が高い人間なら、余暇と言う形で報酬を出せばいいんだ。
そうすりゃ、消費も休みも増えてみんなハッピーだ。


前から言われていることですが労働時間が長い割に労働生産性が悪いですよね。
ですが世界の中でも製造システム管理や品質管理の効率化はズバ抜けているわけです。
人に関しては無駄な会議や稟議などが多い。マネジメント力のある管理職がいないということではないでしょうかね。
マネジメント力があれば個々の実力を最大限に発揮することが結果に繋がるということは分かるはずです。
あとは経営者の問題と社風ですかね。
ちなみにコンプライアンス的に社員に疎まれる会社の労働生産性は必然的に下がりますよね。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1