和食チェーン「がんこフードサービス」残業代未払い5億円で社長ら労働基準法違反で書類送検!元社員の未払い残業代請求が各所で急増

「がんこ」残業代未払い5億円、書類送検へ
読売新聞 5月29日(火)10時8分配信
和食チェーン「がんこフードサービス」(本社・大阪市淀川区)が店の従業員に残業手当や深夜労働の割増賃金を支払っていなかった問題で、未払い分の総額が過去2年間で計約5億円に上ることがわかった。
大阪労働局は29日にも、労働基準法違反(割増賃金不払い)容疑で同社と志賀茂社長ら幹部を書類送検する。
関係者によると、労基法では残業手当や午後10時以降の賃金は通常賃金から25%割り増しして支払わなければならないとされているが、約3500人の全従業員のうち正社員だけで約600人について未払いがあり、現在、支払いを進めているという。
同労働局は内部通報に基づいて昨年12月、大阪府岸和田市の「岸和田五風荘店」や本社などを捜索し、未払いの全容を調べていた。同社は近畿を中心に92店舗を展開しており、昨年7月期の売上高は約215億円。小嶋淳司会長は大阪商工会議所の副会頭を務めている。同社人事部は「捜査中のため現時点ではお答えできない」としている。

飲食チェーンへの労働問題による調査が最近目立ちますね。
「寝耳に水」元社員に“未払い”残業代500万円
ある日突然、労働基準監督署がやって来た!

退職したCさんが突然会社を訪ねて来ました。一緒にいるのは「労働基準監督官」です
「御社は元社員に対し残業代不払いです。適切に払ってください。計算では500万円です」
まったく寝耳に水のB社長は、監督官に反論します。
「残業代は不払いではありません。給料の一部に残業代を入れて支払っていました」
「B社長、現在の就業規則では残業代不払いです」


あなたの会社、もう一度就業規則見返してみた方がいいですよ?
残業代を遡って取る方も取られる方も。
未払い賃金(給与)の請求方法
http://www.roudou.net/fubarai.htm
一方的にカットされたら、次の順序で対処しましょう。
未払い分を計算し、内容証明郵便にして、会社に請求します。
労働基準監督署に申告する(労働基準法第24条違反として)
未払い賃金の確認申請書を提出して、”確認通知書”をもらいます。
会社との交渉メモ、タイムカード、賃金台帳、給与明細、労働協約、労働契約書、就業規則等を持参
支払督促の申立をします(自分でするか、弁護士に依頼する)
2年を過ぎると、時効が成立して、未払い賃金の請求はできなくなる

会社側も防御策を講じる必要がありますね。
フレックスタイムや業務委託契約(外注化)などフレキシブルに労働環境を変えていくのがベストでしょう。
”給料に残業代が入っている”昔はコレが通用しましたが今はこういう解釈を続けていると怖いですよ。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1