「言っている意味わかる?」「そんなこともわからないのか」プレッシャーを感じる上司の言葉ランキング

「新入社員時代にプレッシャーを感じた上司の言葉は何?」
こんな質問に対する若手社会人の答えをまとめた調査結果を日用品メーカーのライオンが11日、発表した。
最多は
「言っている意味わかる?」35・2%
次いで
2位「そんなこともわからないのか」(24・0%)
3位は「期待しているよ」(23・6%)

が続いた。
調査は社会人2年目の20歳代の男女計500人を対象に3月30日から4月2日までインターネットを通じて実施。
心に重くのしかかるような上司からのプレッシャーを感じる言葉を選択形式(複数回答)で聞いた。
4位は「あれ、どうなってる?」(22・4%)
5位「『面白い話して』・『何か話して』」(15・2%)
6位「もういいよ、他の人に頼むから」(14・2%)
7位「●●(同期などの名前)は優秀だぞ」(13・0%)
8位「●●(自分の名前)!」(11・6%)
9位「明日までにやっておいてくれ」(8・2%)
10位「どうだ、軽く一杯?」
11位「●●(ジュース、たばこなど)買ってきて」(1・8%)

だった。これら選択肢にない「その他」は12・6%。
ライオンは「部下への配慮のつもりの言葉が、逆にプレッシャーと感じられることもあるようだ」と話している。
プレッシャーの解消方法は、「仕事外の人とのコミュニケーション」が33・8%と最多。
「仕事終わりに趣味を楽しむ」(33・4%)や「昼休みで気分転換」(27・4%)などのほか、
「トイレで1人の時間を作る」という回答も26・6%あり、
「仕事終わりに飲みに行く」(13・4%)や「先輩・上司と飲みに行く」(7・2%)を上回った。
産経新聞 4月11日(水)14時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000561-san-bus_all

もう少し上司の管理下に置く時間を減らして、個人裁量で仕事ができる環境を増やしてあげたらどうでしょうか?
チャンスを与えてもらってミスもある程度許される中で、責任感を養っていく、ことが部下の成長に繋がり
それが会社への利益にも還元されるのではないかと思います。
もう少し若手は長い目で見てあげましょうよ。
と言いますか私はむしろこの上司=中間管理職の人の方がストレスたまってるんだと思いますよ。
だから部下に対してストレスのはけ口になってしまう。
若者はむしろうまく嫌な場面はスルーしてストレスをうまく発散しているような気がします。
部下を突き離し過ぎて逆にプレッシャーを与えるという話もよく聞きますけどね。
さじ加減は難しいですね。
入社時に1人1人の性格分析をフィルタリングして合致しそうな上司部下を組み合わせるというのがいいかも。
どの組織に属しても合う合わないは人間ですから仕方ないですよね。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1