朝日新聞販売員が2時間契約を迫る~契約しないと意志表示をした人への再勧誘


脅迫めいた勧誘があった場合は以下のような対応が良いということです。
■まず『電話』がかかってきたら、その度に内容を録音しておくこと。
■次に相手から電話がかかって来る度に『あなた方のしていることは刑法第234条『威力業務妨害』になります。これ以上電話をしてくるなら、警察に告発します』と告げる。それで止まればOK。
■それでも止まないなら、録音したテープなり、記録媒体を持って警察へ行き、『威力業務妨害』で被害届を出す。
■顧問弁護士さんがいるなら、関係書類の作成・被害届の警察への提出・警察との交渉などは一任した方がいいと思います。

脅迫的な電話に困ってます
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1723091.html
以前からセールス電話を「興味がありません」で一蹴してきたのですが、そのうちのどこからか、「あんな切り方はあまりに失礼だ。明日にでもそちらに行きますから。テープにもとっているのでじっくり話し合おう。」みたいなことを言ってきました。

脅迫勧誘電話が会社に掛ってきます。知恵を貸して下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1235986092
一日に10回程掛ってくることもあり、とても困っています。
電話の後ろからは、同じように話している声が聞こえてきたり、
人を脅すような声も聞こえてきます。

NHK勧誘員の威圧行動問題について
契約の強要や光滞納の取り立てなど脅迫めいたものは実際は多いですね。
担当者の問題なのか組織ぐるみなのかというのは分かりませんが。

脅迫まがいの強引なマンションの電話勧誘/浦安市
http://www.city.urayasu.chiba.jp/menu9559.html
マンション販売では、宅地建物取引業法の施行規則では以下を禁じられています。
■会社名・氏名・勧誘が目的であることを告げずに勧誘すること
■契約しないと意志表示をした人への再勧誘
■迷惑を覚えさせるような時間の電話や訪問による勧誘
特に再勧誘はどのような訪問販売でも禁止されています。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1