日本郵便「ゆうパック」と「ゆうメール」商標は非類似~商標権侵害訴訟で和解

日本郵便「ゆうメール」継続へ、商標権侵害訴訟で和解
産経新聞 9月13日(木)18時8分配信
郵便事業会社(日本郵便)の配達サービス「ゆうメール」をめぐり、同じサービス名を商標登録している札幌市のダイレクトメール(DM)発送会社「札幌メールサービス」が、商標権を侵害されたとして、名称の使用差し止めなどを求めた訴訟は13日、知財高裁(飯村敏明裁判長)で和解が成立した。詳しい和解条件は双方とも明らかにしていないが、日本郵便は「従来と変わらないサービスを提供できる和解内容」としている。
日本郵便の「ゆうメール」は雑誌や商品カタログ、DVDなどを対象とした配達サービス。札幌メール社は平成15年4月に「各戸に対する広告物の配布など」の分野の商標として「ゆうメール」を特許庁に出願、16年6月に登録された。
日本郵便側は同11月に別の分野で商標登録していたが、1審東京地裁は今年1月の判決で「広告物の配送に利用することを宣伝している」として商標権侵害を認定。DMなど広告物を配達する際の使用を中止するよう命じていた。

郵便事業会社が札幌メールサービスの商標権を買い取ることで決着らしいですね。
商標は普通事前に調べないんですかね?分かっていて確信的にやった?
国営で税金で処理してたら相当のバッシングになってたと思いますが。

郵便事業株式会社は本件商標権より先に「ゆうパック」を商標登録していたことを理由に本件商標権は無効である旨を主張したが、「ゆうパック」と「ゆうメール」とは非類似であるとして認められなかった。すなわち、役務が同一・類似でも、商標が非類似とされたわけである。
http://www.y-po.net/qanda/2012/02/post_36.html

ゆうパックという名前を使っているんだからゆうメールもいいだろう?無茶苦茶な論理ですね。
だったら初めから「ゆうパック」「ゆうメール」と商標を取っておけばいいのです。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1