段ボール業界カルテルの疑い「社長同士で価格を決定」レンゴーとトーモク「カルテルの事実はなく社長が関与したこともない」

公取委は6月、栃木、群馬、埼玉3県で段ボール製品の価格カルテルを結んだ疑いがあるとして、大手メーカーの「レンゴー」(大阪市)や「トーモク」(東京都千代田区)など数十社と「東日本段ボール工業組合」(中央区)など約40カ所を立ち入り検査した。業界の全国団体である「全国段ボール工業組合連合会」(同)も対象になっている。
一部の担当者が「各社の社長で話し合って値上げを決めていた」と話し始めたという。このため公取委は、カルテルが3県だけでなく全国で行われている可能性が高いと判断。
カルテルの疑いがあるのは、段ボール箱と組み立てる前の段ボールシートの販売。年間の市場規模は全国で約1兆5000億円で、検査を受けた各社でシェアの大半を占める。各社は遅くとも数年前から値上げの幅や時期を話し合って決め、競争を制限した疑いがある。
昨年末から今年2月ごろにかけては、原材料の古紙の価格やボイラー燃料が高騰したとの理由で、段ボール製品を横並びで10%以上、一気に値上げしている
段ボール業界を巡っては、82年に東日本、89年に東海と北陸の各地区で段ボール業者が価格カルテルを結んだとして課徴金納付命令を受けるなど、これまでに公取委から約20回の処分を受けている。【古関俊樹】
◇検査に全面協力
レンゴーとトーモクは「立ち入り検査には全面的に協力する。当社がカルテルに関わった事実はなく、社長が関与したこともない」、王子チヨダコンテナーと全国段ボール工業組合連合会は「検査を受けており全面的に協力する」と話している。

内部告発でバレているわけですからしらをきっても、もうどうしようもないと思うんですけどね。
「公取委から約20回の処分を受けている」罰則が緩いんですよ。
罰金でなく1年くらい業務停止すればいいのです。停止できないんですよね実質的にほとんどのシェア握っているのですから。

原材料の古紙や燃料代の高騰などを理由に、10月以降の段ボール箱などの価格を十数%値上げ

悪質ですよね。値上げの根拠としても。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1