ハローワーク横浜【職歴情報漏えい】逮捕の職安職員に報酬!職歴情報は結婚相手や中途採用者の身元調査などに

<職歴情報漏えい>調査会社役員「生活費欲しかった」
毎日新聞 6月2日(土)14時33分配信
横浜市中区にある横浜公共職業安定所(ハローワーク横浜)の職歴情報漏えい事件で、情報提供を働きかけたとして国家公務員法違反容疑で愛知県警に逮捕された調査会社役員、藤田利恵子容疑者(51)が「生活費欲しさに個人情報を漏らしてもらった」と供述していることが同県警への取材でわかった。職歴情報は結婚相手や中途採用者の身元調査などに使われたとみられる。県警は2日、ハローワーク横浜を家宅捜索した。
【職歴情報漏えい】逮捕の職安職員に報酬…贈収賄の疑いも
法人登記簿などによると、藤田容疑者は05年に情報調査会社を設立。「情報サービスエフ」など二つの社名を名乗り、情報収集業を営んでいた。
捜査関係者によると、藤田容疑者は職歴情報を必要とする依頼者から直接、依頼を受け取ることはなく、各地の複数の調査会社を介して注文に応じていた。職歴情報の収集を専門に利益を上げており、情報を得るためにハローワークの非常勤職員、西沢えみ容疑者(47)=同法違反(守秘義務違反)容疑で逮捕=に接近したとみられる。
藤田容疑者は依頼者側から情報1件あたり約3万円の報酬を得ていた。そのうち西沢容疑者には数千円から1万円を謝礼として支払っていた疑いがあり、県警は贈収賄の疑いも視野に調べている。
愛知県警による家宅捜索は2日午前10時ごろに始まり、捜査員十数人が捜査車両3台で到着。通用口から庁舎に入った。この日は閉庁日。出勤していたハローワークの職員たちは厳しい表情で応じていた。【稲垣衆史、山田麻未】

「職歴情報は結婚相手や中途採用者の身元調査などに使われたとみられる」
非常にここの部分が気になりましたね。
中途採用の会社や結婚などはよく相手の素生を確かめたいということなんでしょう。1件3万円なら相当な価値でしょう。
逆にいえば偽る人が多いということでしょうか。
この事件を知った別のハローワークの職員が同じことするんじゃないでしょうか、報酬は1件1万円ですから。
最近は生活保護の件といい役人の仕事には信頼を失っている部分がありますから職員もピリピリでしょう。

公務員の情報漏洩に個人責任を認めた裁判例
京都地裁平成20年3月25日判決
「本件漏洩行為が行われた時刻、場所及び被告AとB及び原告との関係からすると、本件漏洩行為が、客観的・外形的にみて職務とは関係ないところで行われたことは明らか」「本件漏洩行為が「職務上知り得た情報」を使用した行為であるからといって、職務執行要件を満たすものではない」


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1