「日本の街頭、なぜゴミが落ちていないの?」→「ゴミ箱がなければ、捨てない」

「日本の街頭、なぜゴミが落ちていないの?」この疑問に合点のいく写真を発見―中国
Record China 10月4日(木)12時1分配信
つい先日、中国の友人たちが出張のため初めて来日した。銀座付近で食事をし、駅へ向かう道すがら、彼女がとても不思議そうにわたしに尋ねた。「日本の街頭にはまったくゴミ箱が置いてないようだが、なぜ街のどこにもゴミが落ちていないのか?」。彼女たちは日系の大手企業に勤め、中国の都市部で中流以上の生活を送っているクラスである。また、しっかりとしたご両親のもとできちんと育てられた、善良で教養のある女性たちである。
尋ねられて気づいたが、人の往来が激しい夜の銀座にはゴミひとつ落ちていなかった。一方、日本の街頭、駅や商業施設など、公共の場でゴミを捨てられる場所は本当に少ない。空になったペットボトルなどを捨てる場所が見当たらずしばしば困るのも事実だが、だからといってそこらへんに放ってしまうという思考回路はこちらは持ち合わせていない。帰宅するまでにゴミ箱が見つけられなければ、自宅のゴミ箱に捨てるまでだ。しかし、これは中国にとっての“当たり前”ではなかったようで、「ゴミ箱がなければ、捨てない」という考え方を純粋に不思議に思ったようだった。
さて、大型連休中の今月2日、チャイナフォトプレスが配信した中国・湖南省のある公園の写真を見て、彼女たちの疑問にも合点がいった。来場客であふれる公園のゴミ箱はどこも満杯になり、ゴミ箱に入りきらないゴミが辺りに散乱している。これが中国の“当たり前”なのだとしたら、銀座の街頭は確かに驚異の光景であろう。(編集/愛玉)

ゴミ捨てに関するモラルを考えてみたいと思います。
確かに街の自動販売機のゴミ箱や高速道路のサービスエリアのゴミ箱などはゴミで溢れていて本来持ち帰るべきゴミも捨てているという状態ですね。道の駅などは敢えてゴミ箱を撤収しているようですが、ゴミ箱を撤去するということはゴミが本来どこに捨てられるべきものか「ゴミに対する責任」の現れなのではないでしょうか。
ゴミが無ければ治安もよくなるでしょうし、モラルもよくなると思います。


私が特に感動したのは、百人以上の人が避難していた広場でも秩序が保たれており、ゴミ一つ落ちていなかったことです。
李 暁東さん が語る学生生活
ごみ捨て場にごみを捨てようとしたら、もの凄い勢いで止められた
「いやいやいや、ここは専用なんで」
http://www.akiyan.com/blog/archives/2008/09/_.html
わが社以外の人がゴミ置き場にゴミを捨てないような注意書きを一緒に考えて下さい
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3282887.html


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1