韓国産即席ラーメンに発がん物質、食品を輸入した業者に回収を指導

韓国産即席ラーメンに発がん物質 厚労省が回収指導
朝日新聞デジタル 10月26日(金)20時44分配信
韓国内の基準値を超える発がん性物質「ベンゾピレン」を含んだかつお節が即席めんや調味料に使われ、韓国内で自主回収されているとして、厚生労働省は26日、これらの食品を輸入した業者に回収を指導するよう自治体に通知した。厚労省は「微量で食べても影響はないレベルだが、韓国の回収を受けて対応することにした」としている。
回収対象は基準値を超えた製造時期のかつお節が使われた即席めんや調味料で、韓国の大手食品メーカー農心の「ノグリラーメン」などを含む9製品。日本でも人気のある「辛ラーメン」は含まれていない。ベンゾピレンは食べ物の焦げにも含まれ、日本国内では基準値は設けられていない。
韓国では食品医薬品安全庁が25日、基準値超えのかつお節を使った農心など4社に対し、11月10日までの回収を命じた。厚労省によると日本国内では30社が輸入し、流通量は不明だという。

韓国内で自主回収されているのに日本国内は消費されているんですね。
いつもの「微量で食べても影響はないレベル」という表現は聞き飽きましたが・・・。
子供が食べて体内で蓄積されても安全は保証されるのでしょうか?


【新唐人日本2011年6月13日付ニュース】台湾の新聞、中国時報は11日、香港で販売されている中国産のインスタントラーメン10種類のうち、4種類から可塑剤が検出-されたと伝えました。
まずは上海で生産された韓国ブランドの”辛ラーメン”。その調味料から基準の上限に近い可塑剤が検出されました。日清の焼きそばの調味料からもWHOの基準を超える可塑剤-が検出され、香港系スーパーのプライベートブランドの商品からは、基準の54倍もの可塑剤が検出されました。


「辛ラーメン」は今回は問題なしということですが以前から発がん性物質については騒動になっていますね。
「辛ラーメン」発がん性物質検出。販売店に凸してきた
http://www.yukawanet.com/archives/3799887.html
「今回発がん性物質が検出されたのは台湾で製造されたもの。ここで取り扱っているのは韓国製なので大丈夫です」という回答を得た。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1