【たかの友梨】通報者に詰問など精神的圧迫「うち潰してもいいの」録音データ流出!公益通報者保護の申告+不当労働行為の救済申し立て

<たかの友梨>通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告
毎日新聞 8月28日(木)21時51分配信
エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営している「不二ビューティ」(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。加入する「エステ・ユニオン」も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

労組がこの経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたという。女性は職場に行けない状況が続いているといい「幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった。公益通報者にこうした攻撃は許されない」と話している。

同社は「詳細は承知していないが、当社としては不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」としている。公益通報者保護法は、事業者の法令違反を通報した人に対する解雇や降格などの不利益な取り扱いを禁止している。【東海林智】

NHKのニュースになっていますので会社としては逃れられない事態となりそうです。
会社としては「不当労働行為とされるような行為はしていない」と全面否定ですがかなり大きな波紋を呼んでいますね。たかの友梨の労働環境においてはかなり細かい部分で圧力があるような社風に思えます。全ては経営者の都合であるのですが。

エステ・ユニオンが主張する「たかの友梨ビューティクリニック」の問題点

・1カ月あたり平均80時間に及ぶ残業
・休憩が取れず、昼食やトイレにも行けないことも
・定休日どおりに休めず、休日出勤への手当もない
・「誰も取っていない」などと説明され、有給休暇を取得できない
・残業代の未払い
・産休取得の妨害
・商品が売り上げ目標に届かないと、カードローンなどで自腹購入させられる
・研修費など会社が負担すべき経費が、給与から天引きされる
・配置転換をしない約束を無視するなどの不当な異動命令
・労使協定書の従業員側の署名・押印を、従業員本人に無断で作成

エステ・ユニオンという組織があるくらいですから業界のモラルや慣習も理解した上で問題点を指摘しているのでしょう。零細企業ではどこでもあるような労働環境ですが大企業で全国に知名度のあるチェーンともなれば話は別です。高額なギャラの有名芸能人(ローラや韓国女優)を広告に起用したり派手なイメージがありますがその分を残業代に回したらどうでしょうかね?

■エステ・ユニオン

「録音データ」を公開
withnews
エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」(本社・東京都)の女性従業員が加入するブラック企業対策ユニオンは28日、同社の高野友梨社長(66)から、組合活動をしていることを理由にパワーハラスメントを受けたとして、宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。記者会見も開き、「パワハラ時の録音」とされる音声記録を公開した。

同ユニオンや弁護士によると、ユニオン側は今月22日、仙台労働基準監督署が「たかの友梨ビューティクリニック」の仙台店での残業代の減額などに是正勧告を出したことについて記者会見する予定だった。そのことを知った高野社長は、前日の21日に急きょ仙台市を訪れ、仙台店の従業員15人や店長らを飲食店に集めたうえ、この女性従業員に対して2時間半にわたり話し続けたという。

「つぶれるよ、うち。それで困らない?」
高野氏は、録音された会話の中で、この女性従業員に対し持論を展開した。

未払いが問題になった残業代については「残業代といって改めて払わないけれども、頑張れば頑張った分というのがあるじゃん。そうやって払っている」と、支払いが適正ではない可能性を認めた。弁護団によると、月間77時間の残業に対して12万円が支払われるべきところ、3万5千円ほどしか支払われないケースがあり、こうした事例が横行している可能性があるという。

また、女性従業員が労働環境の改善を訴えてることについては「つぶれるよ、うち。それで困らない?この状況でこんだけ働けているのに、そういうふうにみんなに暴き出したりなんかして、あなた会社潰してもいいの」と迫った。

録音データはリンク先で一部公開されています。
「潰してもいいの」とは外部にバラしたことによる脅しや責任追及にも聞こえてしまいますよね。会社という組織は一種の共同体ではありますが個人の労働環境を歪めてまで忠誠を尽くす意味はありませんからね。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1