武田に6300億円支払い命令!糖尿病治療薬「アクトス」発がんリスクがあることを隠していた【米地裁】

武田に6300億円支払い命令=米地裁、再審理の判断示さず―糖尿病薬訴訟
時事通信 9月4日(木)10時18分配信
糖尿病治療薬「アクトス」に発がんリスクがあることを隠していたとして武田薬品工業が訴えられている米国の製造物責任訴訟で、ルイジアナ州西部地区連邦地方裁判所は米国時間3日、武田に約60億ドル(約6300億円)の損害賠償金支払いを命じた陪審評決を支持する判決を下した。ただ、武田側が申し立てている再審理と賠償金の大幅減額に対する判断は示しておらず、地裁判決は確定していない。

武田によると、再審理請求への判断は数週間以内に示される見通し。武田の担当者は「今回の判決は大変遺憾であり、到底承服致しかねる」とのコメントを発表。その上で、再審理請求が棄却された場合には、上級裁判所への控訴などあらゆる法的手段で争う方針を示した。同地裁はまた、武田と提携してアクトスを販売していた米医薬大手イーライリリーに対しても、賠償金約30億ドル(約3200億円)の支払いを命じた陪審評決にのっとった判決を下した。

この糖尿病治療薬の賠償を巡ってはアメリカのほかの裁判所でも争われていますが、今回­のルイジアナ州の裁判所を除く5件の判決や陪審評決は、すべて武田薬品側に有利な内容­となっています。
アクトスをめぐる米国での訴訟は数千件もあるそうです。

州によって判断が変わるというのは厳しいですよね。
陪審員制度も被害者の味方になるケースが多いでしょうし。
加害者の行為に対する判断者の「主観」が反映された結果多額の賠償金になるということです。

武田はアクトスの後継として糖尿病治療薬「ファシグリファム(TAK-875)」の開発を進めていたが、一部の患者に肝機能障害を引き起こす可能性があることがわかり、昨年末に開発中止を発表。
何を出しても「病気を引き起こす可能性がある」という副作用はついてまわるでしょうね。

アクトス錠30の副作用について

All About アクトス錠30-効果効能・副作用辞典

主な副作用として、貧血、血圧上昇、動悸、胸部圧迫感、顔面潮紅、発疹、かゆみ、吐き気、嘔吐、胃部不快感、胸やけ、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、食欲亢進、食欲不振、めまい、ふらつき、頭痛、眠気、倦怠感、脱力感、しびれ、体重増加、糖尿病網膜症の悪化、息切れなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

むくみ、急激な体重増加、息切れ、動悸[心不全]
むくみ、急激な体重増加[浮腫]
食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝障害・黄疸]
冷や汗がでる、空腹感、手足のふるえ[低血糖]
脱力感、筋肉痛、褐色の尿[横紋筋融解症]
みぞおちの痛み、吐き気、黒色の便[胃潰瘍の再燃]
発熱、せき、呼吸困難[間質性肺炎]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1