NPO詐称「僕らの一歩が日本を変える」青木大和が小学生に成り済まし悪質なステマ拡散で民主党支援!裏にパチンコマネーも

「10歳の中村」を名乗るユーザーが作った衆院解散の是非問うサイト「どうして解散するんですか?」が21日からインターネット上で注目を浴び、「小学4年生が作ったとは思えない」と炎上。関与を疑われていたNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表・青木大知氏(20)が22日、ツイッターで「今回の一連の騒動は全て私1人が行いました」と謝罪した。

「どうして解散するんですか?」「10歳の中村」が、小学生になりすました視点から今回の衆院解散について疑義を提示。民主党のマスコットキャラクター・民主くんや乙武洋匡氏(38)がツイッターで拡散するなどして注目を集めた。

だが、サイトの作りが小学生が作ったとは思えないほどの高品質だったことから疑惑の声が噴出。サイトのドメインと類似する「why-kaisan.jp」「僕らの一歩が日本を変える。」が取得していたことから、同団体の関与も疑われていた。

同団体は当初公式サイトで「団体としてサイトを作ったり意見を発信したりなどはしておりません」と関与を否定していたが、団体代表の青木氏が自身が単独で行ったことだと告白。「皆さんこの度はお騒がせしてしまい大変申し訳ありませんでした。今回の一連の騒動は全て私1人が行いました。全ての責任は私がとらせて頂きます。多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけ致しました」と謝罪した。

「どうして解散するんですか?」のサイト上で今回の解散に疑問を持ち、サイトを作ったと経緯を説明。「僕が小学4年生を自演することで面白いと皆さんに受け止められ、より多くの方を巻き込んだ形で、今回の選挙の意義を語り合うことができるのではないかと考えました」と小学校4年生に扮した理由も明かした。

そのうえで「今回の行動は僕個人で行ったことであり、どの組織とも一切関係ありません。これだけは、誓って間違いありません」「僕らの一歩が日本を変える。」の関与は改めて否定した。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/22/kiji/K20141122009334760.html

小学生が作った政治サイトの出来があまりにも良く、AMAZONのAWSやお名前ドットコムのドメインなどITのプロがステマでやっているのではないかという疑念でネットで大騒ぎになりました。
解散前日ローンチで解散当日にサイトを発表しSNSで拡散し始めるなど計画的であるといえます。
それに拡散した人物として蓮舫を初めとする民主党議員達や乙武洋匡なども加担していたようです。
当初はシラをきっていましたが代表の青木大和がとうとうヤラセを認めたようですね。

409 : 名無しさん@0新周年@転載は禁止[sage] 投稿日:2014/11/23(日) 11:03:24.14 ID:pv3Ck2Lg0
小4(twitter.com/why_kaisan)のサイト、
ツイートするとランダムで政治家のIDへ勝手リプライが送られる悪質な構造。
解散前日ローンチで解散当日に記事化(gendai.ismedia.jp/articles/-/411…)プロの手並みの
プロパガンダだが、資金の出処はどこだろう?

今回の事件をきっかけに民主党の議員や有名人を巻き込んで選挙に合わせた壮大なプロパガンダが行われていたという事実と、NPOでボランティアや社会貢献を盾に補助金を食い尽くし金儲けのために暗躍する悪質なNPOの実態が浮き彫りにされました。

内閣府NPOのリストを検索しても名前が出てこない

内閣府NPOのリストに「僕らの一歩が日本を変える。」の名前がありません。
仮登録すらもされていない、おそらく申請段階だったのでしょうか。
問題はこの団体がNPOではないにも関わらずに、NPOを語って大規模に活動していたと言うことです。

■内閣府NPO

民主党や朝鮮マネーとの関わり

さらにKBBという朝鮮パチンコマネーをスポンサーに持ち「僕らの一歩が日本を変える。」のメンバーには管直人の息子の管源太郎がいます。民主党を選挙前にステマで応援することが目的だったと思われます。

補助金や金儲け目的+プロパガンダも

この団体はファウンディングでお金儲けもしていますhttps://www.makuake.com/project/boku1/
非営利団体とは名ばかりの活動実態です。

キャッシュよりメンバー一覧とサポート人一覧



借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1