ユニクロの敗訴確定「過酷労働記事」店長がサービス残業で労働時間月300時間を超え会社側も黙認している

ユニクロの敗訴確定=「過酷労働」記事めぐり―最高裁
時事通信 12月10日(水)18時24分配信

カジュアル衣料品店「ユニクロ」の店長らは過酷な労働環境にあると本で書かれ名誉を傷つけられたとして、同社側が発行元の文芸春秋に出版差し止めや損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は9日付で、ユニクロ側の上告を受理しない決定をした。「重要部分は真実と認められる」などとして訴えを退けた一、二審判決が確定した。

一、二審判決によると、問題となったのは2011年出版の「ユニクロ帝国の光と影」など。ユニクロの店長について、サービス残業で労働時間は月300時間を超え、会社側も黙認していると指摘した。 

裁判に訴えてそれが認められてしまったことでサービス残業の事実が裁判所のお墨付きとなってしまいましたね。しかもこういう事実を圧力でねじ曲げる企業だということも世に知らしめてしまいました。

ユニクロの株主も、同じ金をかけるなら、こんな負ける裁判費用よりも、労働者への還元する方が好ましいと考えるのではないか。【嶋崎量】

まさにその通りで、従業員もグローバル化しているユニクロですから世界基準の労働環境を整えて良い人材を誘致した方がどれだけ会社の利益となるか。

過重労働=正社員というイメージも悪いですね。

ユニクロの商品の品質はいいですよ安いし。下着など愛用していますが何年も経つと着れる物がユニクロ下着だけになります。労働問題での企業イメージ低下は勿体ないですよね商品が良いだけに。

ユニクロ帝国の光と影


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1