【医師とメーカーの癒着】偽装講演、説明会というなの食事会、家までタクシーで送り迎え

トップページ > 業界別コンプライアンス対策 > 医療業界のコンプライアンス対策 > 【医師とメーカーの癒着】偽装講演、説明会というなの食事会、家までタクシーで送り迎え

医師とメーカーの癒着は今も続いています。
私立病院から公立へ変わったのにMRたかりの意識が抜けずせびる人もいるらしいですね。
医療機器は高額ですからメーカーもあの手この手で誘ってきますね。
講演と称して高額なバックマージンを支払うやり方が主流のようです。
業界全体が一斉にこういったメーカーと医師の関係を見直し罰則や監視体制を業界全体で強化すればメーカーは横一列になるわけですから不利益は講じないですし余計なお金もかからないので良いと思いますけどね。
古い記事ですがいくつかピックアップします。

メーカーの公競規違反 09年度急増の17件 不当な接待など
公開日時 2010/05/21 05:01
医薬品取引を誘因するためメーカーから医師らに景品や金品の提供、接待を禁じる公正競争規約違反件数が09年度は、前年度より15件増え、17件だったことが5月20日、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会(メーカー公取協)のまとめで分かった。接待に絡むもの多かった。近年は1桁で推移しており、急増したのは埋もれていた事案が上がってきたとの見方があるが、それだけ関係者間の目が厳しくなっているともいえそうだ。
これは20日のメーカー公取協総会に報告された。違反事例としては、
「3社が医療担当者を対象に納涼会の飲食費(各社均等額)を提供した」
「3医療機関の多数の医療関係者を対象に『日頃のMR活動の御礼』と称して、飲食代を提供した」
「医療担当者を対象に、割烹店で開催した自社医薬品説目会が会場としてふさわしくない」
「公務員を含む医療担当者を衣装に、『釣り仲間の納竿会』と称して、飲食代及びタクシー代を提供した」

――といったものが挙がっている。
同公取協が09年夏に行った公競規に対するMR意識調査では、公競規に対しては十分持っていたが、それでも違反があとを絶たないのは
「医療担当者の要求を断れなかった」
「営業的プレッシャーで、ついやってしまった」
「他社もやっている」

ことが、3大理由だという。
総会に来賓として出席した厚生労働省の日下田敏彦主席流通指導官は「違反事例ゼロを目指して、規約遵守に向け一歩進んだ取り組みをお願いしたい」と対応を求めた。
この日、メーカー公取協の新会長に就任した庄田隆氏(第一三共社長)は就任のあいさつで、製薬企業から医師への寄付や金品の提供について国内外でルール化される動きに触れ
「製薬企業と医療機関の先生方との関係が、患者さんや消費者の方の目から見てどう映るのかを常に意識した行動が必要になっている」
と述べ、業界慣行を含め点検する必要性を指摘。製薬企業と医療担当者とは「新たな関係構築が求められていると思う」 と話した。
前会長の竹中登一氏(アステラス製薬会長)もあいさつで、新薬創出加算の実施で販売や流通も「仕切価制導入以来の大きな変化に直面している」中で、「医師や薬剤師に不当な景品などを提供することで医薬品の購入を誘因するようなことがあると、私たちの流通改善の姿勢にステークホルダーから強い疑念を招くことになる」 と指摘。「公正競争規約の厳正なる運用を改めてお願いしたい」と述べた。

<イレッサ>2千万円の寄付も 学会医師「個人的ではない」
9月30日2時30分配信 毎日新聞
肺がん治療薬「イレッサ」の使用継続を認めた日本肺癌(がん)学会のガイドライン作成委員10人のうち3人が、販売元から受領していた報酬や関係機関への寄付金は、約80万~約2000万円に上る。残る7人と販売元との経済的関係は、学会が厚生労働省の開示要請に応じないため、不明のままだ。
作成委員の国立病院幹部は、イレッサ承認直前の02年4月からガイドライン完成後の06年10月までに、販売元のアストラゼネカ(ア社)主催のセミナーに10回以上招かれ、判明分だけで講演料などとして計83万円を受領した。ア社がスポンサーになっている雑誌の編集委員にもなり、出版社から報酬を得ていた。
この委員は毎日新聞の取材に
「人材がいないので、経済的関係がある人を除いてガイドラインを作るのは不可能」 と釈明した。報酬については「利益相反があることは確かだが、当時は利益相反について学会に指針作りの動きもなく、今になって問題視するのはジャンケンの後出しだ」
と主張した。
イレッサの開発や臨床試験で中心的な役割を担った委員で関西の大学病院長は、自身が理事長を務める臨床研究のためのNPO法人が、ア社から年約2000万円の寄付を受けていた。委員は
「遅れている日本の臨床試験を進めるために、NPO法人への寄付は必要。個人的にお金をもらっているわけではない。データを曲げて発表することはありえない」
と反論する。
証人出廷したもう一人の委員も、所属病院に研究費として約1000万円の提供を受けていた。

72 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] : 投稿日:2008/10/03 06:53:43
やはり、贈収賄とか、国公立病院とのつきあいが
一番、注意すべきところでしょう。
MRに口がすっぱくするぐらい、清廉な関係を、
会社もダーティーなことをしてまで儲けるつもりはないこと、
ダーテイーな輩は、即、クビであること、日ごろより教育すること。
大切です。


防衛医大病院眼科部長を収賄で逮捕へ=ヤマト社元社長から-医療機器汚職・警視庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2008101500604
医療機器汚職 防衛医大病院部長ら2人逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081015/crm0810151623036-n1.htm


医薬品業界は、コンプライアンス分野では、 他業界に先駆け、様々な取り組みをしています。
・贈収賄
・公正競争規約違反
・薬事法違反
・製造物責任違反
・インサイダー取引
・パワーハラスメント、セクハラ
なんでも内部告発してね。
通報はここへどうぞ ↓
医療用医薬品製造販売業公正取引協議会

〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3丁目7番2号
シオノギ本町共同ビル4F
TEL 03-(3669)-5357
FAX 03-(3669)-3839


1