「Windows RT」の他社製ブラウザー締め出し問題で米当局が独占禁止法違反で調査

「Windows RT」のブラウザー締め出し問題で米当局が調査へ—米メディアが報道
ITpro 2012/05/15
米上院司法委員会は、米Microsoftが次期OS「Windows 8」のARM版である「Windows RT」において競争を阻害しているかどうか調査する予定とみられている。この情報は米議会専門紙「The Hill」が反トラスト下部委員会議長を務めるHerb Kohl上院議員の助手から最初に入手したもので、現地時間2012年5月14日に複数の米メディア(InfoWorld、CNET News.comなど)が報じた。
Windows RTに関しては、他社製Webブラウザーの締め出しを図っているとする批判を、米Mozillaが5月8日に公式ブログに掲載していた。Mozillaによると、Windows RTのアプリケーション環境には従来のデスクトップスタイルと「Metro」スタイルが用意されるが、従来スタイルではMicrosoftの「Internet Explorer(IE)」以外のブラウザーの動作を許可していない。
Mozillaは「ユーザーから選択肢を奪い、競争を弱め、革新を阻害するものだ」
とMicrosoftを非難し、米GoogleもMozillaの意見を支持している(関連記事:「Windows RTからIE以外を閉め出すのか」、MozillaがMicrosoftを批判)。
Windows RTでは、従来スタイルにおいてWin32 APIにアクセスできるのは「IE 10」のほかMicrosoftの「Office」など一部のアプリケーションに限られている。Mozillaの「Firefox」、Googleの「Chrome」といったサードパーティーのブラウザーは同APIにアクセスできない。Mozillaは「高速のJavaScript処理と高いセキュリティを実現するためにはWin32 APIへのアクセスが不可欠だ」と主張している。なお、FirefoxもChromeもMetroスタイル向けには提供できる。

IEはセキュリティに問題があるばかりでなく、動作は重く本当に使いにくいです。
IEしか動かすことができないというのは酷い話ですね。
こういうことしてるとWindows RTそのものの売り上げに影響があると思いますが。

76 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2013/03/27(水) 06:17:23.11 ID:1kR9FHkL
WINDOWSの存在そのものを独占禁止法違反にしないと駄目だろう。
健全な市場の発展、消費者利益の最大化を目標とするなら
1社でシェア50%を超えたら自動でそれ以上の販売を規制すればいい。
そうすりゃMacOSなりLINUXなりが勝手に育つ。

確かにWINDOWSそのものが未だにかなりのシェアであることから他社との軋轢は生まれます。
他社の製品を締めだしたいが如何せんIEなどのブラウザも他社製品より劣るわけで困るのはユーザーです。
ただWINDOWS8もそうですが、値段はだいぶ下がってますよね。ダウンロード版などは5千円以下で買えるようになりました。

米テキサス州オースティンで開催中のSXSWで、パネルセッションに登壇した米Mozillaのジェイ・サリバン氏は、米Appleがサードパーティー製Webブラウザに設定している制約を撤廃しないかぎり、iOS向けFirefoxを開発する予定はないと語った。
Appleはサードパーティーに対し、UIWebViewの採用を求めており、これでは高品質なiOS向けFirefoxを提供できないという。
Mozillaはかつて、Firefoxのブックマークや履歴などをiOSのブラウザと同期するアプリ「Firefox Home」を提供していたが、昨年9月にこのアプリをApp Storeから引き上げている。

他社のAppleも似たようなものですが。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1