サービス残業問題と就業規則に関するコンプライアンス違反

サービス残業未払いを含む就業規則に関するコンプライアンス違反について考えます。
■サービス残業未払いの例
従業員に対して時間外手当を支払わないサービス残業など。労働基準法に基づく是正勧告を受ける。労基署へ是正報告書を提出し未払い分の時間外手当を支払うこととなる。サービス残業は労働基準法違反だけでなく詐欺罪にもなる場合があるそうです。
過去にはこのようなケースがあるようです。
古河電工 労働基準局監督署の指導を受ける
2003.10から2年間 間接部門の約1700人 賃金不払い時間外労働(サービス残業)で未払い賃金は14億2000万円

賃金不払い残業 名ばかり管理職(サービス残業)
割増賃金単価の時間あたりの賃金の算出法が労基法施行規則であるようですが労働時間などに対する待遇や改善を準拠するのは当然ですがサービス残業などで成り立っていたギリギリの会社は基本給やボーナスを下げるなどして対応しないと難しいような気がします。社員の総支給額が増えるとは到底思えません。職務遂行能力に応じた賃金すなわち能力給の割合が高くなるのではないでしょうか。
評価基準の明確化と個々の社員と経営者との労働価値の話し合いが大事になってきます。評価基準が不明確などで社員のモチベーションを下げないようにしたいものです。
時間外手当を遡って指摘されるケースもあります。これから大きな問題となっていきそうです。

確かにサービス残業と社員のパフォーマンスの問題は重要です。手が遅い人(能力の低い人ほど)給料が高くなってしまう。指摘されている動画をご紹介します。

■就業規則の問題
特に中小企業の場合は就業規則があるのかどうかすら怪しいものがありますよね。キチンと作って届け出をしておくことが会社側としてはやるべきことですね。中小企業であれば就業規則の中に時間外手当を含め、会社のコンプライアンス規定も書いておくのが良いかと思います。

社会保険労務士の方の小規模事業用モデル就業規則の見本はこちら


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1