厚労省「ブラック企業」対策!9月「過重労働重点監督月間」に全国一斉の無料電話相談、約4000社の立ち入り調査を予定

厚労省「ブラック企業」対策へ 9月に無料電話相談、監督指導も
産経新聞 8月8日(木)12時26分配信
厚生労働省は8日、長時間勤務などを強いて労働者を使い捨てる“ブラック企業”の実態を把握するため9月1日から全国一斉の無料電話相談を実施すると発表した。使い捨てが疑われる企業などに対しては、監督指導を実施する。
同省は、9月を「過重労働重点監督月間」に指定。ハローワーク利用者などから寄せられた苦情や通報を端緒に、離職率が極端に高いなど若者の使い捨てが疑われる企業を把握し、監督指導を行う。
労働基準関係法令への違反が確認された企業などは送検し、会社名などを公表する。
厚労省は昨年、13万件を超える企業に監督指導を実施している。重点月間中は約4000社の立ち入り調査を予定しているという。田村憲久厚生労働相は閣議後会見で「若者を使い捨てしているようでは、日本の国の将来はない。きっちりと対応していきたい」と述べた。
9月からの電話相談先(午前9時~午後5時)は
フリーダイヤル 0120・794・713
                          [なくしましょう 長い残業]

若者の労働環境を醜悪にしたのは自民党なんですけどね。
また大企業優遇、中小企業も冷遇です。
でも事前に「行きますよー」と言ってしまっては効果が無いですね。
ハローワークなんて入ったら条件が全然違ったなんてケースは山ほどありそうですが。
■報道発表資料(PDF:295KB) – 厚生労働省
【重点確認事項】
時間外・休日労働が 36 協定の範囲内であるかについて確認し、法違反が認められた場合は是正指導。
賃金不払残業(サービス残業)がないかについて確認し、法違反が認められた場合は是正指導。
長時間労働者については、医師による面接指導等、健康確保措置が確実に講じられるよう指導。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1