当たりが入っていないくじ引きの露店を営業!「1日10万円ぐらい売り上げた」詐欺容疑で逮捕、一方で懸賞サイトは立証困難?

トップページ > コンプライアンスニュース > 景品表示法違反・営業・下請法 > 当たりが入っていないくじ引きの露店を営業!「1日10万円ぐらい売り上げた」詐欺容疑で逮捕、一方で懸賞サイトは立証困難?

夏祭り、夜店のくじに当たりなし 露天商の男を逮捕
朝日新聞デジタル 7月29日(月)0時45分配信
当たりの入っていないくじ引きで金をだまし取ったとして、大阪府警は28日、大阪市西成区天下茶屋2丁目、露店アルバイト毛利川強(もりかわつとむ)容疑者(45)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
阿倍野署によると、逮捕容疑は27日午後6時50分ごろから1時間半にわたり、大阪市阿倍野区の阿倍王子神社で開かれた夏祭りで、当たりが入っていないくじ引きの露店を営業し、男女3人から計約1万4千円をだまし取った疑い。
くじ引きは1回300円、2回500円。1枚のくじに1~100番の数字が振ってあり、55番以上なら「プレイステーション3」や「Wii U」などの人気ゲーム機が当たるとの触れ込みだったが、実際には54番以下のくじしか入っていなかったという。
27日に1万円以上をつぎ込んだ男性が不審に思い、府警に相談。同署が28日に露店を家宅捜索し、当たりがないことを確認したという。毛利川容疑者は「27日に約10万円を売り上げた」と話しているという。

疑いのある段階で裁判所で令状出るんですね。
警察も動いてくれる?大阪はこういうの多そうですが。
こういう詐欺は警察は後手でしか動けないものと思っていました。
というのはネットの懸賞サイトなど嘘っぱちのサイトが山ほどあるからです。
ペニオクのような大きな話題にでもならない限り放置されています。
ネットの場合は立証が困難なのでしょうかね、露店だとクジを調べれば一発で分かる。
懸賞サイトで個人情報を集める為だけの目的で運営されているものも多いので注意が必要です。
■懸賞サイトを装う詐欺?
懸賞サイトの殆どは、詐欺や個人情報が第3者に流出しています。
また、ちゃんとした会社の懸賞サイト(ほぼ99%)でも、個人情報を外部で流出しています。
■当たらない懸賞サイト
無料懸賞サイトで100分の1の確立で1万円が当たると説明文を掲載して多くのユーザーを集い、実際は100分の1どころか誰にも当たらないように設定していた場合は法的にはどうなのでしょうか?
1.会費は請求していないので応募した会員に損失は発生していません。
2.虚偽の宣伝文句によって多くの会員がいるので、サイト管理者は多額の広告収入を得ている。

「100人に1人が当たる」に期限・期間が示されていないと「会員登録した中からいつか当たる」では「今はまだ当たっていないだけ」と言い逃れできてしまいます。(無論、これも詐欺的ではあります。)
さらに立証が困難です。


1