パワハラ対策のハンドブック~全国の労働局・ダウンロード配布

パワハラ対策のハンドブックを作成
NHK 9月30日 4時15分
極端に離職率が高いなど「若者の使い捨て」が疑われる企業の対策に乗り出している厚生労働省は、職場でのいじめや嫌がらせ、いわゆる「パワハラ」を防ぐためのハンドブックを作り、全国の労働局などで配布を始めました。
厚生労働省は若者を使い捨てにする企業の特徴の一つにパワハラがあるとみて対策を進めていて、企業での取り組みを促そうと「21世紀職業財団」に委託してハンドブックを作りました。
この中では、社長などトップが「パワハラを許さない」というメッセージを発信することの重要性や、従業員から相談を受けたときの対応のしかた、それに就業規則でパワハラを禁止する際の文案などが詳しく説明されています。また、対策を行うことで離職率が低くなった企業など先進的な取り組みの事例も紹介されています。
このハンドブックは8万部作られ、全国の労働局などで希望する企業に配布しているほか、厚生労働省の「あかるい職場応援団」のホームページからもダウンロードできます。「21世紀職業財団」の高松和子事務局長は「これまでの調査では、特に中小企業でパワハラ対策が進んでいないことが分かっている。ハンドブックを活用して取り組みを始めて欲しい」と話しています。

21世紀職業財団

21世紀職業財団でパワハラ・セクハラ防止のポスター売ってますが、会社に貼るだけでも効果あると思いますのでいいと思いますよ。

http://www.order-jiwe.jp/book_list.php

ただ、該当するハンドブックのダウンロードがHP上で見つけることができませんでした。
セミナー、物販、パワハラ防止コンサルタント認定試験などお金の匂いがプンプンするのが気になります。
公益事業であれば多額の国のお金が出ている訳ですから分かりやすくサービスする部分もあってよいかと思います。
これではNHKのパワハラ対策のハンドブックの記事がこの財団の宣伝のように思えてきてしまいます。
ハンドブックは労働局でいただいた方が確実かと思います。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1