組員「困ったらオリコ、常識」「オリコは頼れる会社」みずほ銀暴力団融資

トップページ > コンプライアンスニュース > 不正会計・脱税横領・銀行証券 > 組員「困ったらオリコ、常識」「オリコは頼れる会社」みずほ銀暴力団融資

組員「困ったらオリコ、常識」 みずほ銀暴力団融資
朝日新聞デジタル 11月14日(木)5時35分配信
【編集委員・緒方健二】オリコの提携ローンを利用して、みずほ銀から融資を受けた暴力団組員らが朝日新聞の取材に応じた。
組員が融資を受けたのは2011年4月。東日本の自動車販売店で約120万円の軽乗用車を買った。販売店に言われるまま、ある信販会社にローンを申し込んだが断られた。申込書の職業欄に「自営業」と書いたが、本名を名乗ったので「暴力団排除条項に触れたか」と思ったという。
「じゃあオリコに申し込んでくれ」。店員に告げると約2時間後、「審査OK」の返事が来た。「私たちの間では『困ったらオリコを使え』が常識。審査に通りやすく結果が早く出る」。別の暴力団幹部も「オリコは頼れる会社」と言った。

オリコは一般的に審査が甘かったようですが。

137 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/14(木) 14:18:04.24 ID:oCL8PcCoO
車を買うんじゃないだろ。
中古屋とグルになって、無価値な車を買ったことにして
オリコから中古屋に入ってきた現金を中古屋に手数料支払って受け取る。
オリコへの月々の支払いはしない。

暴力団のローンの支払い状況の把握も大事でしょうね。
中古屋とグルはありえそうですね。


1