「お客様のガンは対象外です」保険会社が儲かるカラクリ「ガン保険」ガンになっても金が出ないケース5つ!

トップページ > コンプライアンスニュース > 医療・薬・健康被害 > 「お客様のガンは対象外です」保険会社が儲かるカラクリ「ガン保険」ガンになっても金が出ないケース5つ!

被害者続出、いったいどういうことだ!「がん保険」がんになってもカネは出ない

——2人に1人が「がん」になる時代に、保険会社が儲かるカラクリがわかった
賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]
なりたくてがんになったわけじゃない。だからこそ、「いざ」というときのために備えてきた。それなのに「保険金は支払えません」なんて、あまりに理不尽じゃないか—そんなトラブルが頻発している。

「お客様のがんは対象外です」

「先生からは、確かに『がん』だと告知されました。まだ初期だから心配ないと言われましたが、まさか自分ががんに罹るとは思ってもいなかったのでショックでした。不幸中の幸いだったのは、がん保険に入っているから治療費の心配はしなくていいということ。

ところが、保険会社に申請すると、『お客様のがんは、保険の対象外です』と突き返されたんです。がんだと診断されたのにがん保険が下りないなんて、どういうことですか?これまで20年以上、万が一のためにと思って、保険料を払い続けてきたんです。いざというときの備えだったのに、肝心なときにカネが出ないなんて、保険ではなく詐欺じゃないか」

東京都在住の68歳の男性は、こう憤る。昨年、健康診断で大腸に異常が見つかり、内視鏡手術で切除した。医師からは、「早期の大腸がんです」と告げられた。

男性は、45歳からがん保険に入っていた。会社の上司が肺がんを患い、長期入院の末、退職せざるを得なくなったことがきっかけだ。加入したのは、がんと診断されたら一時金として200万円、入院1日につき1万円がもらえる保険。月に8000円弱の出費となったが、「収入が無くなり、治療費で貯金が取り崩されることを考えれば必要経費。安心をカネで買ったようなもの」だった。
それから23年。ついに「その日」が訪れた—と思ったら、自分のがんは「対象外」と冷たく見放されたのである。がんを患ったという事実に加え、保険金が支払われないという二重の衝撃に、当初、絶望するしかなかったという。

「保険会社に抗議の電話をすると、『お客様のがんは、ごく早期のがんで、ご加入のがん保険では対象外となります』と取り付く島もない。約款にはきちんと書いてあるというんです。でも、そんなこと加入当初に説明された覚えはありません。これじゃ保険会社にこれまで支払い続けてきたカネは、ドブに捨てたも同然です」

早期がんには払いません
がん保険に入っていたのに、がんになってもカネは出ない。そんなこと、あり得ないと思うだろう。
だが、この男性が経験したような事態は珍しくない。病気になっていざ保険金を請求したら、
保険会社からさまざまな理由を並べたてられて支払いを拒否されるケースが、いま増加しているのだ。
とくに顕著なのはがん保険。これまで知られていなかった問題が、徐々に表面化している。
昨年度、国民生活センターに寄せられた医療保険に関するトラブルは1035件にも上っている。

「実際に相談を受けている現場の感覚としては、がん保険に関するトラブルはとくに目立っています。具体的には、保険勧誘時の説明不足から生じるものが多い」(国民生活センター相談情報部担当者) 保険金の支払い条件などは約款に細かに記されているが、契約時にすべての内容を担当者から直接説明されることはほとんどない。 説明を受けたとしても、到底一度で把握しきれる情報量ではないため、がんと診断され保険金を請求してはじめて、自分が保障の対象外であることを知るのだ。

がんの保険金が出ないケースは、大きく次の5つに分けられる。

(1)保険金が支払われない種類のがんがある
(2)加入後、すぐにがんになったらアウト
(3)入院しないと保険金が出ない
(4)病歴告知をミスすると保険金が出ない
(5)再発したらアウト

支払い規定を細かく複雑に作れば高齢者などは全部中身を確認&理解できませんからね。
ただこの初期がんで「ガン保険」が下りないというのはビックリです。
アフラックのガン保険の約款を見ると確かに病気ごとに払われないケースが細かく設定されています。

そういえば東北大震災以降アリコのガン保険って無くなりましたよね。
あくまで約款に応じた支払いですから保険会社が直ちに違法行為をしているという事ではありませんので付け加えておきますが、社会的モラルを逸脱した契約であれば警鐘を鳴らす必要があるでしょう。
こういう話は多額の献金をして政治でも守られてきた部分ですがネット文化で公になってきました。

■【アフラックのガン保険】保険金等をお支払いする場合、お支払いできない場合の具体的事例
がん保険の対象疾病(185KB)
保険金・給付金をご請求されるお客様において、がんの定義などについてご不明な点がある場合、または当社の保険金・給付金のお支払いに関する判断基準となる、厚生労働省、WHO等の国際機関の資料を確認されたい場合は、アフラック保険金部(0120-555-877)までご連絡ください。

■がん・医療保険の不払いについて
2005年度の金融庁検査によって、明治安田生命における保険金の大量の不払いが明らかになりました。
金融庁は明治安田生命に対して、平成17年11月4日から17日までの二週間の業務停止命令を発しました。

平成18年の秋に、今度は損保会社における大量の保険金不払いが発覚しました。直前に約26万件にも及ぶ自動車保険の不払いがあったのですが、それに続いて大手六社で医療保険・がん保険商品で不払いがみつかり、その件数は過去5年間で4.365件、金額にして12億2千万円にも上りました。

18 : 名無しさん@0新周年@転載は禁止[] 投稿日:2014/06/23(月) 14:32:13.35 ID:2MTyTeKF0
20年前だから
10日以上の入院から出る保険だろ
当時の保険だと大腸ポリープ5ミリ程度の日帰り1泊手術だと保険が出ません

1日入院から、日帰り手術も担保に切り替えとけばよかったのにね
おまえが悪い

医療技術の向上でガン手術でも日帰りできるケースもあるようです。
ある意味「ガン保険」より「入院保険」の方が確実なのではないでしょうか。

122 : 名無しさん@0新周年@転載は禁止[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 15:24:48.30 ID:FOJWR2Kq0
保険加入20年
脳腫瘍との診断も当初はガン認定されず
不払いが問題になった頃再調査されて認定
5年で600万ほど支払われました
元はとったかな

社会的に問題になって企業名があぶり出されないと判定基準を改訂しないようですから、諦めずに交渉するべきですね。しかし重い病気を患ってこういう仕打ちを受けるのは辛いですよね。

147 : 名無しさん@0新周年@転載は禁止[sage] 投稿日:2014/06/23(月) 15:48:30.47 ID:60o5/Axs0
俺は保険会社にいた頃、約款持って担当医に話に行ってたなぁ
ドクターだってデメリットは無いからなるべく保険金が出る方向で診断書を書いてくれてたよ
事実とかけ離れない程度にだけどね

実際は自分の担当の契約者が病気になることはあんまりないけど
みんな良い担当者に当たるといいね

これは賢いやり方ですね。
医者も未払いリスクを恐れて、尚かつ患者のためと思えばそれくらいのことはやってくれそうです。
政治家のように自由に病名つけてくれるわけではないですけどね。

がん保険を疑え!


1