働く女性の半数がセクハラやパワハラを受けた経験「LINE」やSNSで上司や取引先からセクハラメッセージ増える

「上司や取引先からセクハラメッセージを送られてくる」働く女性の半数近くがセクハラ・パワハラ被害、連合調査
日本経済新聞
働く女性の半数近くがセクハラやパワハラを受けた経験があり、被害者の4分の1は仕事を辞めたことが7日、連合(東京・千代田) のアンケートで分かった。スマートフォンの無料通話・チャットアプリ「LINE」など交流サイト(SNS)で、上司や取引先からセクハラメッセージを送られて困っている女性も目立った。

調査は在職中の20~40代の女性にインターネットで実施し、634人から回答を得た。

職場で受けるセクハラやパワハラについて、「被害の経験がある」と回答したのは49.2%に上った。具体的には「取引先の役員からホテルの誘いなどセクハラLINEが送られてきて困っている」(26歳)などの回答があった。

被害を受けた際の対応(複数回答)は「我慢した」(31.4%)が最も多く、「社外の友達に相談した」(26.1%)、「諦めて仕事を辞めた」(25.2%)が続いた。

妊娠経験者(319人)のうち、妊娠中や出産明けに職場で嫌がらせされる「マタニティーハラスメント(マタハラ)」を受けた経験があると答えた人は26.3%。マタハラが起こる原因は「男性社員の理解・協力不足」(複数回答)が66.1%で最多だった。

セクハラやパワハラを受けている人で「我慢した」「諦めて仕事を辞めた」など諦める人がまだ多いのですね。社内で相談できる部署があっても上司や取引先の圧力が掛かり、その後の職場の雰囲気や仕事がやりにくくなるのは厳しいものがありそうです。

女性に限らず女性上司から男性部下に対するパワハラやセクハラも多い事を付け加えておきましょう。女性だからというのではなく「権力」や「地位」を利用して服従させる行為ですから。

逆に女性社員に甘く男性社員には厳しい上司や会社が多いのも事実です。
女性に対しては社会通念上すぐにパワハラやセクハラ扱いされるので敢えてスルーされるケースですね。

52 : 名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2014/06/07(土) 14:19:25.64 ID:VUqH6exU
どんなことが「セクハラメッセージ」なるのか、はっきり報道すべきだ
「ホテルの誘いなど」としか書かれていないのは、報道の仕方が卑怯だ。

実際には、茶髪の長髪がだらしないので整えてきなさいと注意されたとか、
派手なネイルアートをやめなさいと言われたとか、呼ぶときに肩をトントンと軽く
叩かれたとか、そういうのもセクハラとかパワハラに含まれてしまってる。
女がセクハラと言えばセクハラなのだから。
まるでセクハラを訴える女全員がホテルに誘われたような報道になってるのは絶対おかしい。

また、マタニティハラスメントなんて、これまで別のスレッドでも散々言われているように
職場の男性社員は優しくて、むしろ未婚の女からの嫉妬や嫌がらせの方が強烈だよ。
加害者が女で被害者も女だから、起こる原因はと問われれば「男性社員の協力不足」
答えてるだけでしょう。

「女の自分は潔白で、全部男性が悪い」という考え方はもうやめませんか?

確かにセクハラとかパワハラと叫んでいる被害者意識の強い女性も多いのは事実です。
個人の受け止め方や性格、また相手の性格にもよるのでしょうね。
生理的に受け付けない人からは何言われてもセクハラとかパワハラになる女性はいると思います。

60 : 名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2014/06/07(土) 14:55:42.05 ID:QAtoj61M
大体友達でもない上司や取引先の人間とLINEのアド交換してる時点でアホでしょ。
知らない内にLINE登録されちゃったわけでもなし。
上司取引先なんて会社のメルアド以外に接点持たないのがマトモな会社員(男女問わず)

そうですねSNSはあくまでプライベートですから仕事関係者に教えるべきではありませんね。
対面では言えないことも気軽にメッセージできてしまうSNSやメールの接点を仕事上は絶つべきです。

仕事上で仲良くなるとSNSでさらにプライベートの話まで弾んで距離が近くなる場合があります。
そこの線引きをどうつけるかが重要です。
セクハラの前にネットリテラシーの問題だと思いますが。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1