トップページ > コンプライアンスニュース > 労働問題・パワハラ派遣請負 > 1999年 ブリヂストン社員が会社の非道を訴え、ブリヂストン本社社長室で切腹自殺

1999年 ブリヂストン社員が会社の非道を訴え、ブリヂストン本社社長室で切腹自殺

1999年 ブリヂストン社員が会社の非道を訴え、ブリヂストン本社社長室で切腹自殺
《3月23日。ブリヂストン本社ビル(中央区京橋)の9階「社長室」に海崎洋一郎社長が入ったのは、いつもの通り午前9時20分頃-。
 ほぼ同時刻に、野中氏が社長室に入った。驚いた社長が切り出す。
「野中君、用件は何なのか?」
野中「会社(ブリヂストンスポーツ)は58歳の私に、早期退職優遇制度(60歳より前に退職すると退職金に上乗せがある)を意に反して勧めてきた。断固抗議します」
 事情を知ろうと、社長は常務を内線で呼ぶ。常務が部屋に入ると、海崎社長は自分のデスクに。野中氏は向かい合って立っていた。
さほど興奮した様子もなく、穏やかな態度。二人で説得にかかる。
常務「早期退職優遇制度はご自身の判断でいいんですよ」
野中「信じられない。以前、会社から労働条件は本社でも関連会社でも同じだ、と説明され、指示に従い子会社へ移ったのに、今は給与格差が出ている。約束が違う」
常務「選択したのは個人の自由だったはず」
野中「労働条件を同一に戻すべきではないですか」
社長「それは今さら変えられない」
野中氏は次第に興奮し始め、服を脱ぎ捨てパンツ一枚に。床に置いていた小さなビジネス鞄から、刃渡り35センチの柳刃包丁を二本取り出し、突然、振り回した。
 駆けつけた社員数人が社長室に押し入ると、野中氏は包丁を振り回すのをやめ、
「最初にまず、マスコミに知らせたい。番号を教えろ。全社員にも社内メールでメッセージを伝える」と要求。
 役員らが記者クラブの番号を野中氏に教えると、野中氏は片手で柳刃包丁を持ったまま、ダイヤルを回した。
「今、ブリヂストンの社長室に社長と一緒にいる。一緒に死のうと思っている。理由は抗議文に書いたので読んでください」
10時頃、社員が警察に通報したため、駆けつけた警官も役員と共に野中氏の説得にあたる。が、一瞬のスキをついて、野中氏は自分の脇腹に包丁を突き立てた。
「延命措置はいらない。輸血しないでくれ」
 野中氏は救急車の中でもそう叫び続け、その後息を引き取った。58歳だった。
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/byakuya/jiji-39.html
http://www.asahi-net.or.jp/~mi6m-FRYM/jukebox/brigestone.htm

58歳で会社に裏切られるとかもうそれは命懸けでしょう・・・。
ただ「給与格差が出ている」件が左遷ととらえられたのか判断は難しいところではありますが。
不況で社員も給料が下がってはいるものの労働時間は増えストレスも増大ですよね。

「コンプライアンス研修」分かりやすいドラマDVDで

日経BPマーケティング制作!コンプライアンスのケーススタディで基礎知識から対応法まで網羅。
教材制作10年/学校導入180校超・企業導入2,800社超の人気研修用DVDをオススメします。
判例・事例から学ぶセクハラ・グレーゾーン | 個人情報保護法早わかり | 個人情報漏洩発覚!組織対応の進め方 | 知らなかったでは許されない!独占禁止法の常識 | これだけは知っておきたい!下請法の常識 | 労務管理者のための職場の法律 | インサイダー取引 | 中国・労働契約法早わかり | ソーシャルメディアのリスクと正しいつきあい方大学編 | ソーシャルメディアのリスクと正しいつきあい方企業編 | 階層別コンプライアンスシリーズ第1巻 新入社員若手社員編 | 階層別コンプライアンスシリーズ第3巻 取締役経営者編 | 階層別コンプライアンスシリーズ第5巻公務員編 | 製造現場のコンプライアンス・マインド
■カテゴリ : 労働問題・パワハラ派遣請負 ■タグ : , , , , .
コンプライアンスが日本を潰す 新自由主義との攻防 (扶桑社新書) コンプライアンス -服従の心理- [DVD] バンク! コンプライアンス部内部犯罪調査室 (メディアワークス文庫) 談合必要論 あなたの命を守るための公共工事 キヤノンに勝つ: 偽装請負を告発した非正規労働者たち ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査ココが狙われます!! 財務捜査官が見た 不正の現場 (NHK出版新書 428) 労基署 調査・指導・是正勧告対応の現場 ~福島第一原発から50キロ 風評被害と戦ったある農家の軌(奇)跡~ 実録 二本松農園の1000日 正義の喪失 反時代的考察 (PHP文庫) リスクアセスメント~安全の「見える化」~