口コミサイトの業者やらせ書き込みいわゆるステマ手法に問題あり?景品表示法(不当表示)で消費者庁の調査が入る

ステマ 口コミサイト、やらせ書き込み 歯科・エステでも相次ぐ
産経新聞 1月15日(日)7時55分配信
■「不当表示」恐れ 業者特定急ぐ
飲食店の口(くち)コミサイト「食べログ」で、やらせ業者が好意的な口コミ投稿を有料で請け負っていた問題で、飲食店以外にも矯正歯科やエステサロン、美容外科などの口コミサイトで同様の“やらせ書き込み”が相次いでいることが14日、分かった。こうした行為は「ステルスマーケティング」とも呼ばれる。消費者庁は、やらせ書き込みについて景品表示法の「不当表示」に抵触しないか調査に乗り出しており、サイト運営会社もインターネットの接続業者側に投稿者の情報開示を求める方針だ。“やらせ書き込み”とみられる口コミが相次いだのは「クインテット」(東京)が運営する投稿サイト「口コミ広場」。クインテットは、美容外科▽矯正歯科▽エステ▽整体▽岩盤浴▽美容院▽ヨガ-などのジャンルごとに、利用者が感想を書き込む掲示板を運営。月間利用者は延べ200万人に上る。

■「不当な誘導」防止へ 消費者庁も関心示す
口コミサイトで、業者が好意的な投稿を有料で請け負っている実態に、消費者庁も関心を寄せている。今後、景品表示法(不当表示)に抵触しないか、悪質なケースについては情報収集に乗り出す。消費者庁は「やらせ業者により、消費者の選択がゆがめられたり、不当に誘導されたりすることがあってはならない」としている。サイトを見ている人が口コミサイトの評価を基に判断していることを踏まえ、被害報告があった案件については情報収集する方針だ。

個人的にこのニュースは気になります。口コミが集客や評判で大きなウェイトを占める昨今。自作自演でクチコミを演出する企業が増えるのは必然ですがここにメスが入ると面白いですね。

楽天の書き込みなどは実際に購入しないとできませんのでクチコミの真実度が試されそうです。これからは利用した人と嘘書き込みをどうやって見分けるかですね。口コミサイトにも圧力がかかりそうです。本来であればクチコミはいいものも悪いものも両方出てきてしかるべきですから。企業も悪いクチコミをもみ消すのではなく真摯にそれを改善する方向に持っていきたいです。


借金が膨らむ前に無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1