債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

子供名義の預金や学資保険も解約?

【質問】私は子供が生まれてまもなく将来の進学の為に、子供名義でわずかですが月々積立預金と学資保険の積立てをしてきました。自己破産するとこの預金や学資保険を解約して裁判所に提出しなければならないのでしょうか?


【答え】 親御さんの自己破産手続きにあたって、お子さんの名義の預金や学資保険は解約する必要はありません。これらのものは法律的にいえば贈与にあたり、お子さんの固有財産です。 ただ破産申し立てにあたって自分の預金などを子供の名義に変更して預金にしたり、自己破産前に急いで学資保険に加入したりすると「財産の隠蔽行為」となり「免責不許可事由」となって免責許可が貰えなくなったり罰せられたりします。 ですから自己破産手続きの前後でなく将来の計画的に行われた、子供さんへの贈与でしたら何の問題もないということです。

免責不許可事由とは

免責不許可事由についてさらに詳しく説明します。 免責不許可事由がない場合は免責許可の決定がなされます。また免責不許可事由がある場合でも、破産手続き開始の決定に至った経緯、その他いっさいの事情を考慮して免責を許可することが相当であると認められるときは、裁判所の裁量により免責許可の決定がなされる場合もあります。

破産法で定められている免責不許可事由は以下の通りです。

①債権者を害する目的で、破産財団に属し、または属すべき財産の隠匿、損壊、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたこと。

②破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、または信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

③特定の債権者に対する債務について、当該債権者に特別の利益を与える目的または他の債権者を害する目的で、担保の供与または債務の消滅に関する行為であって、債務者の義務に属せず、またはその方法もくしは時期が債務者の義務に属しないものをしたこと。

浪費または賭博その他の射倖行為をしたことによって著しく財産を減少させ、または過大な債務を負担したこと。

⑤破産手続開始の申立があった日の1年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に、破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら、当該事実がないと信じさせるため、詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと。

⑥業務および財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、または変造したこと。

⑦虚偽の債権者名簿を提出したこと。

⑧破産手続において裁判所が行う調査において、説明を拒み、または虚偽の説明をしたこと。

⑨不正の手段により、破産管財人、保全管理人、破産管財人代理または保全管理代理人の職務を妨害したこと。

⑩次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から7年以内に免責許可の申立があったこと。 イ 免責許可の決定が確定した場合は、当該免責許可の決定の確定の日 ロ 給与所得者等再生における再生計画が遂行された場合は、当該再生計画認可の決定の確定の日。 ハ ハードシップ免責の決定が確定した場合は、当該免責の決定に係わる再生計画認可の決定の確定の日

⑪破産者の説明義務、破産者の重要財産開示義務、または免責不許可事由の有無等についての裁判所または破産管財人の行う調査に対する協力義務その他破産法に定める義務に違反したこと。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧にご説明。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方など。費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。受任後すぐに介入通知書を業者に送付、借金の取立てを即日STOPすることも可能。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談!東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。【解決例1】借入れ総額が大きく、任意整理での支払いが難しかった為、自己破産をご提案。【解決例2】将来金利のカットとアルバイトでの収入を加味して、任意整理をご提案。【解決例3】自己破産は避けたいとの事でしたので、任意整理にて将来金利をカット。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.