債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

自己破産の重要な確認ポイント

自己破産を弁護士や司法書士に依頼する際に、確認しておきたい、または弁護士に説明を受けなければならない事項を以下まとめました。これらは自己破産で抑えておきたい重要なポイントです。


①破産手続きの概要

個人破産の多くが同時廃止事案のケースであり、依頼者に対して聴取した事情を踏まえ、破産という手続選択が妥当か、破産手続きを選択するとして同時廃止事案であるか、同時廃止事案として免責不許可の可能性を検討した上で手続全体の見通しについての説明。

②破産・免責の意義・効果

破産手続きは債務者が支払不能・債務超過に陥った場合に全ての財産を債権者に対して公平に配当するための手続きであります。 一方、免責手続きは破産手続きによって配当がなされなかった債務につき債務者の責任を免除する制度です。したがって、破産手続・免責手続は相互に密接に関連するものであり、両手続きの完遂により債務者の経済的更正をもたらす効果がある。しかし、両手続は現行破産法上は別個独立の手続であり、免責確定までは債務者は債務から解放されたわけではありません。受任通知により取立てがやんでもそれは一時的なものであること、破産宣告があっても免責されたわけではないこと、最終的に債務から解放されるのは免責確定時であることなど注意点を確認します。

③破産した場合のデメリット

現実としてデメリットといえるのは、給料差押えにより勤務先に支払不能の事実が発覚する可能性があること、クレジットの利用が不可能になること、一定の資格につけなくなることなどです。破産自体のデメリットではありませんが、債務者が免責されても保証人が免責されたわけではなく保証人は依然として債務を負担することも理解しておきましょう。

④住宅の取り扱いについて

債務者が借家住まいの場合に、賃貸借契約を解除されることは、家賃滞納のケースを除いてほとんどみられません。また債務者の住宅が持ち家の場合の取り扱いについては、破産宣告の後、破産管財人が住宅を処分する場合、明け渡さなければならなくなるのは数ヶ月後になります。

⑤予想される手続き期間

破産・免責手続終了までの日程について確認しておきましょう。 大まかな手続期間としては、同時廃止事件において申立てから破産宣告までが通常1~2ヶ月(東京地方裁判所は即日面接)、破産宣告から免責審尋までが2~4ヶ月、免責審尋後の異議申立期間が約1ヶ月、免責異議期間経過後の免責決定までは数日、免責決定から公告までの間が約2ヶ月、公告から2週間で免責確定というのが一般的です。

⑥免責不許可の可能性

免責不許可事由が存在するのかどうか、また免責不許可の可能性および任意配当の可能性について確認しましょう。同時に今後新たに借入行為をすると免責の判断に影響を及ぼすことも注意すべきです。しかし現行の破産実務においては、免責不許可事由がある場合でも、裁量免責により多くの債務者が救済されています。また、破産宣告を受けることによって多くの債権者が取立てを注視する可能性があります。したがって、免責不許可事由がある場合であっても、多くの場合破産申立てをすべきです。

⑦任意配当または小額管財の可能性

任意配当とは、裁判所からの勧告によって破産者の新得財産から一定期間、一定額を任意に積立て、全債権者に配分する任意の配当手続きをいいます。

⑧手続費用 最低限必要な費用としては実費として破産申立書貼用用紙(600円)、予納郵便(1万円程度、債権者数による)、破産予納金(2万円程度)、免責申立書貼用用紙(300円)が必要となります。これに弁護士報酬や司法書士の場合は書類作成報酬が加わることになります。

⑨裁判所に出頭する回数・時期

申立裁判所の運用を踏まえ出頭回数(1~2回)と、呼び出しの大まかな時期を確認しましょう。また裁判所から呼び出し状がきたら弁護士にも伝えるようにしましょう。

⑩破産による資格制限

破産者に対してさまざまな資格制限があります。例えば、弁護士や司法書士、税理士などの資格を失うことになったり、会社の役員の資格を失うこともあります。また、保険外交員や証券外交員など、他人の財産を預かり、または管理する業務を一定の資格の下に行っている場合は破産によってその業務を禁止される場合があります。ただし、免責決定と同時に復権するため、こうした資格制限が解除されることになります。

⑪破産手続き中の法的請求

破産申立て後においても免責決定までの間は債権者が支払い督促や貸金返還請求訴訟を提起することもあります。近年は債権者が確定判決等の債務名義を取得したり、あらかじめ作成しておいた公正証書に基づいて。債務者の給料債権を差し押さえるケースが少なくないです。こうした債権者からの法的請求に対して債務者が取るべき態度としては放置、和解、応訴の3パターンが考えられます。債務者が現在無職無収入で取るべき財産が無いのであれば放置しても問題はありません。ただし一部業者は動産執行を申し出てくることもありますので、訴訟を提起され財産がある場合には弁護士に確認しておきましょう。

⑫ヤミ金への対応

債務者の多くはヤミ金から借入れをしている場合があります。ヤミ金融業者は、破産者を狙ってダイレクトメールを送りつけてくるため、決して借入れることがないように十分注意しましょう。

⑬クレジット引落口座の変更

債務者が給与所得者で給料が銀行振込されている場合は、振込先の金融機関に対してカードローン等の負債を負っていないか確認し、もしこれが存する場合には、破産宣告申立て以後の給料は現金給付とするか他の金融機関への振込扱いに変更する必要があります。他にも口座から自動引き落としになっているクレジット代金がある場合には、引き落とし注視の手続きをとるか、預金残高をゼロにする必要があります。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入件数」「総金額」「借入期間」などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!借金問題の実績5,000件以上の法務大臣認定司法書士事務所です。 90分間の無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧に説明いたします。明快でわかりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応えられるよう粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応いたします。また、手続選択や連絡手段についても、ご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。 大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方などご相談してみてはいかがでしょうか? 費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。 受任後すぐに介入通知書を業者に送付する事で借金の取立てを即日STOPすることも可能です。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談です! 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


▼借金問題の専門!

イストワール法律事務所

詳しく細かく無料メール相談できます!交渉力の強い司法書士事務所さんです。「過払い・債務整理・借金・自己破産」のご相談ができます。安心の5,000人以上の相談実績。今月のお支払から止めることができます!催促ストップ可能!メール相談なども数多く対応している司法書士法人さんですので安心してください。元大手金融業者や債務整理経験者のスタッフがいます。損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求! 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F イストワール法律事務所【認定司法書士 登録番号1392 小宮山博之】


▼ヤミ金に関しては同じ認定司法書士の小宮山博之さんに下記より相談下さい

全国対応!ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.