ギャンブルやFXの自己破産は管財扱いになりやすい?『債務整理を成功させるコツ』
債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

ギャンブルやFXは管財扱い?

破産手続は〝同時廃止〟と〝管財事件〟の二つがあります。 破産申立人にめぼしい財産があると判断された場合は、管財人を立てて換金し債権者へ平等に分配する必要があるからです。 資産隠しや計画倒産などを防ぐ為の調査と考えてよいでしょう。

管財事件になると破産管財人が必要になります。 管財人として選任される者は弁護士となり、弁護士事務所で打ち合わせをしたり債権者集会に出席する義務が発生します。 そして少額管財事件として処理された場合の破産予納金は東京地裁で原則20万円となります。 つまり自己破産で管財事件になれば、余計に20万円必要になるということです、これは大きい負担ですよね。

管財事件になりやすい条件は以下になります。 必ずしも当てはまるからといって管財事件になるというものではなく裁判官の判断にゆだねられる部分が大きいようです。

・換価対象となる一定額の財産がある
・免責不許可事由に該当する
・給与差押などを止める必要がある
・個人事業を営んでいる
・借入先が複数ある
・家や土地などの不動産を取得している
・一部の債権者にだけ返済をしていた

FX・株・車のローンの例

ギャンブルやFX・株、また車のローンを抱えている人などで自己破産を計画している人にとって、管財事件に実際になるのかどうか気になるところですよね。 実際の体験談をいくつかご紹介しましょう。

弁から聞いた話だと借金300万以上で主にギャンブルの場合管財扱いになる可能性が高いみたいなこと言ってたな。俺は700万の借金で自己破産したけどギャンブルに酒に遊興費に生活費に自転車操業に。 弁に相談行ってから免責下りるまで9ヶ月かかった、もちろん管財扱い。今は生活も気持ちも余裕ができ預金もできたしね。借金のない生活はなんて素晴らしいだろうって実感している自己破産は後悔していない。 自分名義のクレカは作れないけど妻の家族カードとVISAデビカードで普通の生活は問題ない。ローンを組むような大きな買い物はできないけどね。

FXでも返済できない借金があれば破産はできる、ただFXや先物取引が原因の借金は重大な免責不許可事由であり、同時廃止は難しく、たいてい管財事件になる、 その後裁量免責がおりることもあればおりないこともある。一部免責もある。どっちが正しいって問題じゃない。刑事事件と違って民事はケースバイケースの部分も大きい。

弁に依頼したんだけど、ローンの残る車があってどうしても残したいっていったら、ローン会社との交渉次第ってなって、ローン会社と交渉したら管財にならないなら保証人がついているので、保証人が毎月ローンを払ってくれるなら車は引き上げないといわれました。 弁は管財人もやってる中々優秀弁らしいから同時廃止で余裕と思ってそうな態度だったんですが、はっきりと管財になりそうとも言わないし、同時廃止で大丈夫とも言わないんですが、 不許可事由も多々あるし同時廃止は厳しいですよね。 管財になったらローン会社に管財になりましたとか裁判所とか管財人から連絡が行くんですかね? 管財になっても管財人に車はローン会社から保証人が払うことで了承受けてますって言ってたら大丈夫ですか?

内容が精査される

弁護士でも管財になるかどうかの断定はできないようですね。私はFXが主の原因で自己破産を実際にしましたが、管財事件にはならずに、同時廃止でした。 裁判官との面談で管財事件になる可能性はあるかもしれないので、20万円くらいお金を用意しておいて下さいといわれましたけどね。 (余談ですが、その自己破産の準備中に管財事件用にストックしていた24万円を区民税の滞納で差し押さえられてしまいました)

要は資産があるかどうか、仕事であれば取引先が多いとか、グループ企業などとの取引が多いとマネーロンダリングや資産隠ししやすい環境となりますから調査が必要になるでしょう。FXの損失だから直ちに管財事件になるとも言いがたいです。 FXの内容も短期で巨額の損失を出しているのであれば疑われるでしょうし、取引の内容も精査されると思いますよ。普通にトレードをしていて、数年間普通にやっていたのであれば疑われることもないでしょう。

ギャンブルに関しても故意に損失を作り上げた疑惑がなければ、特に問題はないと思いますが、これも担当についた裁判官の判断によるところが大きいのでしょうね。

自己破産の手続きを弁護士に任せていれば、資産隠しなど不正はしにくいわけですから、 管財事件になりにくい条件となることは間違いないです。管財人も同じ弁護士になるわけですからね。 車とか家の資産がある場合は、弁護士に任せた方が安心だと思いますよ。

あと私のように、自己破産準備中に預金を税金などで差し押さえられる可能性もありますので、差し押さえられる可能性のある所には自己破産申請の旨を予め報告しておいた方が無難です。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。裁判所から支払督促や訴訟対応OK。法テラス扶助制度の利用が可能。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.