七原くんの借金返済は順序がおかしい!底辺労働者の正しい支払い優先順位

ニコ生人気配信者の七原くん。現在29歳でこれまで数々のアルバイトを経験して食いつないできましたが、未だ正社員の経験はゼロ。そんな人生の底辺でもがいている七原くんのバイタリティとリアクション芸人顔負けの面白さで雑談系配信では人気大沸騰。私もつい配信を見てしまいます。先日不動産の保証会社から契約解除を申し入れられ、マンション追い出しという最悪のピンチを迎え、自分の借金についてやっと整理し対策を考え始めたようです。

今回は七原くんを例に底辺労働者の正しい支払い優先順位について考察してみたいと思います。

督促のない借金が後回しに

動画はこちらです。前半はマンション追い出しにビビって物件を探しています、後半に支払いの話になります。

この時点でデータ入力と介護職のダブルワークをしていましたが介護職は辞めました。それと同時に工場の正社員(手取り17万程度)の応募をしており採用の合否待ちとなっているようです(受かればバイトは辞めるとのこと)

現在の七原くんの延滞や借金をまとめます。毎月の収入はアルバイトで手取り12-13万程度。前借りで4万、残り8-9万今月入金予定。

・国民健康保険滞納→ 5万分割話し合いOK
・法テラス滞納→ 5000円×6回 分割OK
・ユーネクスト滞納→ 話し合い
・家賃滞納(保証会社解約)→ 158,000円
・アル(元彼女の借金)→ 2.5万放置
・ガス3ヶ月滞納→ 7000末支払い予定
・病院代会社のおじさんに借金→ 3万返済済み

FXなどで勝って4万余分に儲けるも、居酒屋や寿司宅配などで半分くらい使う。余った分を最優先で会社のおじさんへの支払いに回したようです。


恐らく支払いの督促の電話や書類が来た順に対応しているのだと思います。ある意味それは正しいのですが、請求が来ていないから滞納が許されているというものではなく、滞納した際の最大のリスクを考えて行動する必要がある重大な局面ですよね。今回の場合、税金関係はギリギリまで後回しにするべきでしょう。最悪給料差し押さえもありますが、大きな金額を滞納していなければ大丈夫です。

まだまだ他に借金があるのではないかと個人的には思いますが、無計画の独身男性の実態を考えると大体似たようなものだと思います。但し支払いの優先順位を間違えると後々恐ろしい事態が待ち受けているのです。仕事も安定する正社員についていれば少々の無計画や借金も何とかなりますが、アルバイトですといつクビを切られるか分かりませんし、ある程度の貯金をしておかないと危険ですよね。

賃貸マンション滞納で最悪の事態に

マンションはコンクリート打ちっぱなしのいいマンションのようですが、名古屋のワンルームで5万くらいと予想します3ヶ月分滞納しているのでしょう(情報提供&後の動画で家賃3万×5ヶ月滞納と判明)保証人として保証会社が付いていますのである程度の滞納はカバーできるものの、ちなみに東京では家賃2ヶ月で相当厳しい対応を迫られますよね。特にマンションなどは厳しいです。今回も5ヶ月滞納で保証会社が契約解除する事態となりました。

通常このようなケースですとまず強制退去になるらしいです。同じく家賃滞納で強制退去から裁判沙汰になったNER氏の場合は、判決で分割払いが出ました。強制退去してそのまま自己破産して滞納家賃もバックレてしまったようです(他に彼は1千万の負債がありましたからね)今回七原くんが自己破産を申請するとは考えにくいですが、強制退去から裁判までは既定路線のような気もします。

職が不安定の時に強制退去になるとかなり生活にダメージがありますよね。引っ越すにも初期費用がそれなりにかかりますし。今更実家に戻るという選択肢も挙げていましたが、半ば家族から勘当されている厄介者扱いの29歳が、簡単に実家に戻れるとは思えません。シェアハウスも探しているようですが、他人と同居も性格的にかなり厳しいのではないかと思います。名古屋はどこで借りるにも保証会社を付けるようになっているようですから、滞納をしている状態ではどこも契約できませんよね。

家賃は最重要

このように家賃は最重要に支払わなければなりません。遅れても1ヶ月までですね。家賃が高いなどの理由で引っ越しを考えている方はお金がある時に段取りをしておかないと、借金滞納でドタバタしている時に強制退去になると本当に人生詰んでしまいます。身寄りが無い人はホームレスやネカフェ難民確定ですよね。

正社員の職を探しているのですから、住所が確定していないと厳しいのは言うまでもありません。住所不定の怪しい人物を正社員に雇い入れる会社は稀です。住居は絶対に死守しておかないとなりません。七原くんは今現在の家賃は毎月入れ続けているようですが、過去の3ヶ月分の158,000円が減る気配がないのです。ボーナスのないアルバイトではこれは無理ですよね。しかも七原くんは滞納は全て分割にしてくれると思い込んでいるようですが、家賃滞納は基本一括払いを請求されます。

東京の知人を例に出しますと2ヶ月滞納でマンションの鍵を換えられて、荷物は全部倉庫に移動させられた人がいます。お金を払わないと自分の部屋の荷物が戻らない、いわば荷物を人質にされたような形ですが(今はこれが合法でできるのかは謎)管理会社によってはかなり強引に強制退去をしてきますよね。こうなると消費者金融やヤミ金を使ってでも滞納分を払わないと、もうどうしようもない状態となってきます。

新しい借金を作らない

七原くんの場合は、家賃滞納があるにも関わらずに毎日の仕事でストレスを抱えているのでしょう、飲み食いにお金を使ったり圏外に遊びに行ったり、釣りで怪我をしたり、次から次へと細かい出費が積み重なっていきキャッシュフローを圧迫しています。お酒を飲んで気分が良くなりタクシーでおつりをあげたり、居酒屋で他人におごっている場合ではないですよね。

家賃滞納がある間は仕事に専念すべきですし、私なら1ヶ月でも半分でも入金しておきますね。収入が続くと思い込んでいても所詮はアルバイトです。病気で休めば収入が激減するのです。まだ20代で無理が効く年齢ですからいいのですが、これが35歳くらいで病気になればかなり深刻な事態になるでしょう。

お金がかからない遊びや趣味というのは探せばいくらでもあります。借金を返し終わるまでの少しの辛抱なのですから。

労働時間を増やすだけでは危険

このように七原くんは休みが少ないと不満を漏らして、ストレス発散でお金を使ってしまう悪循環です。ですからダブルワークで労働時間を増やして収入を上げるメンタリティはいいと思うのですが、労働時間を増やしてもアルバイトではたかがしれているということです。それよりも”時給”を上げる努力をスべきだと思いますね。高い時給の会社に滑り込むという安直な発想に囚われがちですが、そういうイージーモードを探し続けても歳をを食うばかりで人生のスキルは上がらないのです。七原くんもまだかろうじて29歳ですからいいものの、これが34歳くらいになると会社でも見習いとして入るのは厳しく、一般の勤め人でも管理職になっている年齢ですよね。フリーで生きている人でもそれなりのスキルや経験という武器は持っている年齢です。この年齢でキャリアがあるということは20代で既に経験を積んでおかねばならないということです。キャリアは今スグに付くことはないからです。

時給を上げるというのはキャリアを積むということです。キャリアを積むということは同じ業界や職種で経験と実績を積んで会社に貢献する、こういう足跡を残していきたいですよね。

キャッシング山盛りの人は債務整理

滞納続きでキャッシングのリボ払いに逃げて、既に多額の借金があるという方は、今スグ債務整理の電話相談をするべきですね。それしか救える手立てがないです。日本の債務整理の制度は本当に優しいです。利息がゼロになり受任で督促電話も一切無くなるわけですから、やって損をすることはありません。当サイトで無料相談できるリーズナブルな司法書士や弁護士さんを紹介していますのでアクセスしてみて下さい。

金額が大きい人は自己破産でいいと思います。私も自己破産経験者です。毎月の支払いを減額すれば十分できるという方は任意整理か個人再整理を選択するといいでしょう。その辺は収入と借入金の大きさにもよりますので適切なアドバイスを貰うといいでしょう。


年末混み合う前に借金の無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1