借りた期間が短いと自己破産は難しい?借金の使途によっては弁護士は嫌がる場合がある?

借りた期間が短いと自己破産は難しい?というテーマについて語ります。直近で現金が欲しいがためにクレカの換金行為をする人がかなりいますが、自己破産において危険な行為になります。また借入期間についても短すぎると怪しまれることになりますので注意しましょう。

借りてすぐの自己破産

借りてすぐの自己破産ですと最初から自己破産する目的で借りたということで、詐欺だと思われるケースがありますので弁護士は嫌がる場合があるそうです。期間は3ヶ月位内ですと「短期で怪しい」が目安でしょうか。換金目的で例えばクレカを利用し、さらにお金を借りて枠がMAXになって自己破産!となると詐欺と思われてもおかしくはありません。このクレカの換金利用は自己破産の免責の判断にも大きく影響すると言われていますし、弁護士さんも受任しない可能性もあります。グレーですが犯罪行為ですからね。怪しいと資産をチェックする管財事件になりますからお金も余分にかかることになります。

ただ借りたお金に正当性があるのであれば期間の問題は関係なく自己破産すべきで、詐欺で逮捕されるわけではないですからキチンと相談できる弁護士を探しましょう。免責(借金の支払い免除)が下りるかどうかが一番の問題でその資金の使途も重要になりますから微妙な方はやはり弁護士に相談した方が有利になります。家計簿などをつけると説明しやすいのかもしれませんね。東京の裁判所などは自己破産で反省文を書かされるそうですが、やはりこの辺の書き方なども弁護士に指導を受けて保証人のような形になるワケですから免責には有利になると思います。免責かどうかは場所にもよりますし裁判官でも見立てが違いますので一概に基準というものが存在しません。ギャンブルで免責が下りないのは今は少ないとは思いますが、実際に免責が下りなかった人はいますのでね。

管財事件は高額になる

申立費用は小額管財事件になる前提で65万ほどかかりますので値段張りますがまず引き受けるから、2年分の通帳だの銀行 証券口座だの 入出金の使い道などすぐに提出し家計簿が収入の範囲内で納まるものが2ヶ月続きかつ予納金相当分の払い込み終わってれば申立開始されます。相談日から約半年で終わります。

自己破産の対応を積極的にしている弁護士に相談するのがやはりベストです。
免責が下りる可能性なども事前に相談してみましょう、自分がどういう状況で自己破産をするのか生活状況などを伝えて可能性を聞いてみることをオススメします。

自己破産の対応を積極的にしている弁護士さんを紹介しています。
相談は無料でメールでも電話でも行っています。


年末混み合う前に借金の無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1