嫁に隠し続けていた約380万!内緒の借金がバレる前に対処すべきこと

嫁に隠し続けていた約380万。普段は生活費だけ渡して残りを返済に回すため収入など一切隠し続けていた。今日給与明細と貯金残高を見せろと言われた。もちろん貯金なんかない。年貢の納め時だろうか。

毎月のお小遣いが少ないとついついキャッシングで補填をしてしまったり、奥さんにはなかなか言えないような出費はありますよね。少しずつ積み重なって数百万になってバレた時どう対処すればいいのでしょうか。下手をすると離婚にも発展しかねません。

今回は嫁に隠し続けていた借金約380万!など内緒の借金が大きくなったときにどう対処すればいいのか解決策をまとめたいと思います。

結婚後の口座は別管理の場合も多い

結婚後は互いの収入や預金口座などは暗黙の了解で見せない場合もありますよね。生活費を毎月ある程度渡していれば最低限の役割は果たしていますからね。ただ結婚して経済感覚が違う場合は徐々にすりあわせていかねばなりません。ある程度期間が経つとマイホームや車など大きな買い物を機に、貯金の状況なども気になりますからね。

お金のことはしっかりしていると思われていたら実は多額の借金をこさえていた!なんて事になると信用が失墜するどころか離婚にも発展しかねません。黙って借金を作っていたというのは妻として信用されていないということでもありショックでもありますからね。借金をしているということは当然貯金が無いわけですから、これもキチンと公開して話さねばなりませんよね。では何とかこの始めのショックを和らげる方法を考えてみましょう。

借金の対応策は取っている状態にする

借金を数日でいきなり減らすことはできないわけですから、その事実は正直に話すほうがいいですよね。間違っても借金を口座に入れて偽装工作するようなことは止めましょう。通帳を見れば時系列的にバレますけどね。

正直に打ち明けることを前提として、できるだけショックを和らげる方法として借金を債務整理して弁護士にお願いしているという状況に持っておくということです。弁護士に相談するにも大体内緒で進めることができますから、少し時間稼ぎをして相談後の見通しが立った段階で奥さんに打ち明けることにしましょう。弁護士などへはメールで相談申し込みをすれば無料電話相談が後日できますので、そこで債務整理可能かどうか判断してもらうことができます。収入や財産、支払状況や業者などを調べれば債務整理可能かどうかはすぐに判断できます。そこでどのくらい借金が減額できるのか毎月どのくらい返済額が下がるのかも分かります。

債務整理は個人再生がお得

家族があり収入もそこそこ安定しているが多額の借金380万(消費者金融の高利息)があるという前提で債務整理を考えてみます。

この場合、債務整理でも個人再生を選択するのがベストです。弁護士や司法書士に依頼するとお金がかかりますが、借金そのものが1/5(MAX100万)まで減額されますのでかなりメリットがあります。380万円の1/5で約80万として弁護士費用(経費込)がざっくり80万で160万としましょう。これで利息はゼロで3-5年の支払いに再計画をすると今の毎月の支払額の半分以下になるはずです。また住宅ローンを除外できる特例が個人再生にはあります。弁護士費用もバラバラですので正確な金額は相談後に見積もりを取ってみて下さい。

正社員でしたら自己破産は避けたいと思うでしょう。今は自己破産自体は資産を持っている方以外に特にデメリットもないので、本当に月々の支払いがパンク寸前という人はまず自己破産の可能性を探ってみることをオススメします。結局個人再生でも支払いが途中でできなくなれば破産しかありませんからね。

整理後は2つの選択肢

債務整理後に借金の残高を1日でも早く完済する方向に持っていくのであれば、ボーナスなども全力でつぎ込み完済まで1年以内の短期間で行ける人もいると思います。ただ個人再生に成功すれば利息はゼロですから今返済しようが3年後に返済しようが同じことです。むしろキャッシュが使える分、後に返済を回したほうがお得でしょう。緊急を要する出費は必ずあるものです、病気・事故・冠婚葬祭など。

ただ月々の返済が少なくなり、浮いたお金で散財する可能性も無きにしもあらずです。本当に緊縮財政をする決意で反省しているということを伝えたいのであれば、浮いたお金は奥さん公認の口座を別に作りそこに少しでも積み立てていくことですよね。減額になれば1-2万円でも入れられると思いますよね。

これで、①債務整理の相談をしている②整理後は少しでも貯金に回していく、この2つの戦略でいかがでしょうか?これで奥さんが許してくれて借金返済に協力してくれる、あなたも決意を新たにがんばれる?かどうかはアナタ次第ですよね。

借金の原因と対策はしっかりと

債務整理と同時に借金の内容も洗い出して、それに向けた対策も取っておかなければまた借金漬けになってしまいます。債務整理でカードは使えなくなるとは言え、今度はヤミ金などに手を出したら大変ですからね。

借金の理由を明らかにして、ギャンブル、飲み代、趣味、色々あると思いますが、今後の対策も奥さんとキチンと話し合っておく必要がありますよね。借金による散財も普段仕事を頑張っているストレス発散の一貫ともいえます。そういう部分は認めてくれる場合もありますし、何らかの対応策は出せると思います。

借金を作ってしまったことを後悔するよりも、借金をどうするか事後処理の方が大事だと思います。奥さんにバレていない人は先回りして債務整理を早めにしておけば傷は浅いですよね。ズルズルと借金のリボ払いを続けていると家庭崩壊に陥ってしまいますから、早めのアクションを!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で借金返済大作戦をフォローしよう!


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。

自己破産した私が、あなたに司法書士で個人再生をすすめる5つの理由
私は過去に自己破産しましたが、その選択は今でも間違ってはいなかったと思っています。一方でこのサイトでは債務整理はまず個人再生をおすすめしています。個人再生は...
アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!法テラス扶助制度利用OK!借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1