無理なく借金を完済することが出来る任意整理とは?

借金の金額や返済の方法を見直すことで、借りたお金を返せる見込みがある場合は「任意整理」という債務整理の方法があります。これは裁判所を通さずに債務者の代理人である弁護士が、債権者と話し合って返済する金額や返済方法を新たに決め直すことで、債務者の返済能力に合った返済額と期間を再設定するものです。

債務者やその家族が直接交渉しようとしても、債権者はまず応じてくれませんから、普通は弁護士か司法書士に依頼して代理人になってもらいます

任意整理で借金総額が減る場合、貸金業者が過去に、利息制限法で定められた以上の高い利息を取っている場合、利息制限法に沿って金利を計算し直すと、返すべき金額は少なくなります。いわゆる過払い金が発生している状態ということです。

次にその金額を3年程度で無理なく返し終わるような債務整理案を作り、債権者に提示して交渉します。債務者が自己破産すると、業者は貸したお金を回収できなくなりますから、返済額が少し減ったとしても、条件をのんで和解に応じるのです。

ただし任意整理が可能であるためには、債務者に固定収入があることや、借金額がさほど大きくなく、3-5年程度で全額を返し終える見込みがあることが条件になります。この見込みが立たない場合は、任意整理をすることはできず、別の方法を考えなければなりません。

弁護士に任せば安心

弁護士(若しくは司法書士)に委任した時点で、債権者が債務者に直接督促や取り立てをすることは法律によって禁止されていますので、消費者金融業者から直接連絡がくることは無くなりますし、もし取り立てにきた場合は「その件に関しては弁護士に委任しました」と言えばよいのです。

消費者金融の督促に苦しめられ、追いつめられている債務者は多いのですが、一旦債務整理の手続きに入れば、債権者との交渉はもちろん、各種の手続きもすべて弁護士に任せられますので、安心して債務整理ができます。

■それでは実際に任意整理の口コミや成功体験談を見てみましょう。

「任意整理で減額に成功し順調に返済している人」の体験談
「任意整理の返済が終わった人!」の事例
「任意整理の弁護士相談または返済中の人」事例
「誰にも知られずに任意整理している人」の事例

任意整理の流れ

まず、弁護士が債権者宛に「受任通知書」を発送し、この件を引き受けたことを知らせます。この後、和解が成立するまでは、債権者は支払いをする必要はありません。

次に、弁護士は借入金額と借入日、それまでに返済した金額とその日付などを債権者、債務者の両方に問い合わせて、借金の状況を把握します。これを「債務調査」と言います。そのうえで、利息制限法に基づいた「引き直し計算」を行い、返すべき残りの金額を明らかにします。

その金額を一括で支払うことが可能なら一括返済、不可能なら分割で返すことになります。分割返済の場合には債務者の月収と、月々の生活に必要な金額(住居費・食費、通信交通費、教育費、交際費など)を弁護士や司法書士からお聞きすることになるので正確に答えるようにしてください。弁護士は収入金額から生活費を差し引いて毎月の返済にあてられる金額を割り出し、3-5年で全額を返せるような債務整理案を作ります。それを債権者に示して交渉し、和解が成立すると実際の返済スタートになります。

弁護士は任意整理でどういった仕事をするのか?「弁護士の仕事の流れ」はこちら。

任意整理の返済方法

借金の総額や返済条件によって異なりますが、任意整理をすると、トータルで2-3割の減額になることがあります。しかも、5-7年以上も返済を続けていた人は、債券額がゼロになっていたり、過払い金が生じていることもありえます。過払い金は返還請求をすることができます。但し、返済期間が短かったり、利息制限法にのっいとった取引をしていた場合は、大幅な減額にならない可能性もあります。

返済に関しては二通りの方法があります。一つは弁護士を経由する返済で、弁護士が指定した口座に債務者が毎月入金し、そのお金を弁護士が各債権者に振り分けるというものです。もう一つは弁護士を経由しない返済で、債務者本人が直接債権者に支払いをしていきます。

返済にあたっての注意事項は、約束した額を毎月返すことです。任意整理は成立した和解条項を確実に実行して、初めて無事に完結します。何か事情があって支払いが難しくなった場合には、すぐに弁護士に連絡するようにしてください。早急に対策を取らないと任意整理の続行ができなくなります。

任意整理のデメリット

よくある失敗例として、無理な返済計画で和解し、途中で挫折してしまうケースです。そのようなことにならないように、弁護士にはすべてを正直に話してください。借金の全容を把握し、債務者の収入や生活に必要な金額を正確につかまないと、適切な返済計画を立てられないからです。

また任意整理の成立には、債権者との合意が絶対に必要です。債権者が1社でも和解に応じず、そこが給与の差押えなどをしようものなら、他社への返済ができなくなってしまいます。弁護士とよく相談して、すべての借金を一気に解決するようにしましょう。

任意整理に限りませんが、債務整理をすると「ブラックリスト」に載る、保証人がいれば保証人に請求がいってしまうなどのデメリットがあります。しかし、住宅や自家用車など、生活上なくてはならないものを整理せずに手元に残すこともできますし、自己破産と違って、借金の理由が一切問われない、手続き中の職業や資格に制限が設けられないなどのメリットがありますので、借金を整理する有効な手段といえます。

評判の良い専門家を選ぶ

下記に評判の良い債務整理に特化した弁護士と司法書士をご紹介していますので、まず無料電話相談で債務整理が可能かどうか、事情を説明して専門家による適切な判断を仰ぎましょう。報酬は基本的に司法書士の方が安めです。何か裁判でトラブルを抱えそうだと心配の方は弁護士にしておくと安心ですが、債務整理の範疇であれば司法書士がオススメです。

任意整理だけではなく、借金を1/5に圧縮でき住宅ローンを除外できる個人再生や、借金がチャラになる自己破産など、相談者の資産や返済能力などによっても債務整理の方法は選択できますので、ご相談の上適切な債務整理をしていただければと思います。特に返済能力についてはアルバイトでも固定収入があれば問題ありませんし、着手金もほぼどの事務所さんも分割対応していただけます。

任意整理の体験談などを知りたい方はこちらでどうぞ。http://lifepln.info/case/様々な債務整理や返済滞納についてのケースがあります。


年末混み合う前に借金の無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1