特定調停で取り立て回避!利息だけでも支払っている形であれば一括請求はできない

多重債務の取り立てはきついですよね、繰り返されると精神的にきます。

多重債務で返済が厳しい人はとりあえず利息だけでも支払うことをおすすめします。
利息が支払われて入れば一括請求はできないからです。

遅れてでも支払っていれば大丈夫です。
そういう判決が過去に出ていますから。
相手が裁判を起こしますと言ってきた場合はすぐに一ヶ月分だけ入れるだけでいい。
あとはそれを繰り返しましょう。

法的に取り立てを一時的にでも即時に一斉に止める方法は次の特定調停を選択しましょう。

特定調停という選択肢

特定調停というのをご存知でしょうか?
定債務者の経済的再生をするために特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における利害関係の調整に係る民事調停のことをいいます。
毎月の返済を少し減らして欲しいなど要望を伝え話し合います。

特定債務者の定義

【個人の場合】
近々支払期日が来る借金を契約どおり支払っていては、最低限度の生活費にすら事欠くとか、運転資金が不足してしまうおそれが強い者。

【法人の場合】
債務超過に陥るおそれのある法人。

特定調停の方法

各地にある家庭裁判所にまず電話をして説明会に出席しましょう。
そこで書類などを渡されると思いますので記入して提出します。
法人や資産がある方などは弁護士事務所に相談された方がいいかもしれません。

個人的には以下自己破産をおすすめします。
生活や事業を立て直すには自己破産が一番の近道である場合が多いからです。

自己破産など

借金が数百万円以上で新規借り入れも難しく生活費にも困窮している状況であれば、
即時に自己破産をおすすめします。
利息が払えなくなりますと残金が雪だるま式に増えていき取り立ても厳しくなります。
白旗を揚げて自己破産して一からやる直すのが賢明です。

今の自分の現状を認識して、もどうしようもないと判断したら行動に移すべきです。
自己破産はそんなに難しい手続きではありません。


年末混み合う前に借金の無料電話相談!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


弁護士法人サンク総合法律事務所

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。ネットでも安定した人気と評判です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1