借金を繰り返す母から実家を取り返したい!遺産分割協議書の確認、保全処分の申立てを

【質問】
父親は10年ほど前に亡くなっています。実家は父が稼いで買ったのですが、ローンは父がなくなってしまったのでありません。父がなくなったあと、母は外国人にお金を貢ぎ、借金をつくったあげく、父の残した土地を借金を返すためにうってしまいました。母が親戚にも借金をしていたので姉は謝りにまわったりなどがあり、しかも自分のお金をつかったまでだと母は悪びれることもなく、この借金がきっかけで、私達の兄弟と母との間に溝ができ、会わないようになりました。しかし、最近、母がまた外国人と歩いているところを目撃し、また借金をつくり実家まで売ってしまうのではと気が気ではありません。

他の残っている遺産は、いいのですが、家だけは思い出もありますし残したいと思っています。母が実家を抵当にいれることができないようにするなど、できなければとりあげるなどできないものでしょうか。父がなくなったとき、長男がまだ未成年だったので、長男に相続することができませんでした。よろしくお願い致します。

【弁護士回答】
父名義の実家不動産は、遺産分割の対象であり、法定相続人は母(2分の1)と子ら(2分の1を頭割り)です。今後、母と子らで遺産分割協議をすることになります。この遺産分割協議において、母がすでに父名義の別の遺産土地を取得済みであることを主張して、実家不動産についての母の取得分を減らすよう主張した上で、最終的には、相談者か他の兄弟が実家を取得し、(母にまだ取得できる分があれば)母に代償金を支払う方法が考えられます。父名義のままであれば、母が独断で売却したり担保設定することは、現実的には困難と思われますが、これを防止する方法として遺産分割審判前の保全処分の申立てをし、実家不動産を仮差押えしてしまう方法が考えられます。
弁護士ドットコム

私も今母親と遺産相続争いしていましてケースが似ているので、実体験も踏まえてアドバイスしますね。

両親のどちらかが亡くなる場合、大抵父親の方が先だと思います。残った母が遺産分割協議書も作らずに資産の内容も明らかにせずに、自分で1人で遺産をガメてしまうケースこれはかなり多いのではないでしょうか。父に寄り添って支えてきた夫婦ですから、遺産を全部貰うのは当然だと考える人も結構います。

ですが今回のケースのように、母がその不動産を遊興費のために闇雲に売ってしまったりお金を使い込んでしまう場合は、キチンと遺産分割した方がいいように思います。何故なら、お金を残しておかないと母親が介護する立場になったら誰がその面倒をみるというのでしょうか?年金なんかで全介護はできませんから生活保護しかないですよね。ましてや子供家族が負担するなんてことにならないように資金を管理してあげるのが大事です。私の母も統合失調症の気配があり、携帯を買うときなど騙されて多額の金を垂れ流してしまったり、妄想の為に家にセコムをいれていたり大変でした。収入は年金で月6万くらいしかないのに。その支払いを全部ストップさせて毎月のコストを抑えるように携帯を全部解約させたり私が動きました。

質問の場合は、未成年ということで扶養義務があるとかないとか理由をつけたり、介護をやったりだとか、色んな理由をつけて遺産を自分のものにしていると思われますが、弁護士の方も言っている通り、まず遺産分割協議書を作っているのか、財産目録があるのか、正当に遺産分割がされているのか遺言はあるのか確認すべきだと思いますね。

この遺産分割協議書がなければ、いくら母親が主張しても通りません。遺産分割協議書で相続人全員の印鑑を押さなければならないからです。長男が印を押してしまったとしても内容を分からずに押した場合も無効です。ここで遺産の内容、不動産や現金などを正確に把握するようにしましょう。

私の場合ですと、こういうケースは向こうが弁護士を立てて遺産を守ろうとしてきます。そしたらこっちも弁護士を立てるか、あるいは簡易裁判所に遺産相続の調停を申込むのがいいと思います。弁護士は要りませんし手数料も少額でできます。私の場合は、預金の入出金履歴を依頼する段階で、弁護士を立て向こうが調停をやってきました。調停は裁判ではなく調停員と話し合いです(当事者同士は一切会わない)遺産分割協議書を第三者を交えて作る絶好の機会なのです。

その段階で資産目録を全部作ってもらい、法的に認められた遺産相続の分配を求めれば、極端に分配が偏ることはないと思います。母親がガンとして証拠を出さずに逃げ回るのであれば、そのあとに審判を出してもらいます。その審判で納得がいかなければ地方裁判所で本当の裁判になりますが、その段階で証拠も出揃っていて、自分に有利な審判がでているのであれば心配は要りませんので、向こうの弁護士が裁判の前に和解を申し立ててくるかもしれません。

ましてや、母親が財産をすべて使い切って借金まみれになって、その状態で家を残したらどうなるでしょうか?家を守る為に相続して、母親の借金を返すのでしょうか?借金も相続されますからね。恐ろしい話です。

家族の借金や遺産相続問題で困っている人、特に親の借金で困っている人はたくさんいます。こちらの「家族に多重債務者がいて泣かされている人」事例を参考にしてみてください。時には親と縁を切り、財産も放棄する決断も必要です。


借金が膨らむ前に無料電話相談はお早めに!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、全国オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


http://higuchi-law.com/

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


http://www.saimu.com/

詳しく細かく無料メール相談、携帯からでもフリーダイヤル、交渉力のある司法書士事務所さんです。安心の5,000人以上の相談実績。 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F【イストワール法律事務所 小宮山博之】東京司法書士会(登録番号1392)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1