神田うの「奨学金月々1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」奨学金は債務整理も難しい?

トップページ > 自己破産者とお金の話し > 奨学金返済 > 神田うの「奨学金月々1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」奨学金は債務整理も難しい?

「月々1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」――。タレントの神田うのさん(41)が、 奨学金問題をめぐって展開した「自己責任論」が、ネット上で物議を醸している。

神田さんの持論に対し、ネット上では「借りたものを返すのはあたりまえ」として「正論」と取る向きもあれば、「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」と反発する声も目立ち、賛否が広がっている。

「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」
奨学金をめぐる神田さんの発言は、2016年6月30日放送の情報番組「ノンストップ」(フジテレビ系)で飛び出した。
番組では「若者が破産…『奨学金制度』のゲンジツ」と題し、奨学金の返済を滞納し、自己破産に追い込まれる若者が急増しているという問題を特集した。

その一例として、在学中に月8万円の奨学金を受け取っていた男性のケースが紹介された。この男性は、卒業から半年後に月あたり約1万6000円の返済が始まったが、徐々に返済が滞る状況に。その後、返済を求める連絡が職場にまで及ぶようになり、会社からの信用はガタ落ち。さらには裁判所からの督促状も届くなど、軽い気持ちで借りた奨学金に後悔する若者の姿が再現VTRで取り上げられた。

コメンテーターとして番組に出演していた神田さんはVTRの終了後、画面がスタジオに戻るやいなや、「(世間を)甘く見てますよね」とピシャリ。「自分で借りてるわけだから、ちゃんとお返ししないと」と続け、「自己責任論」を展開した。

番組出演者からは「奨学金には借金しているって感覚がないのかも」と擁護する声が飛んだが、神田さんは「う~ん」と納得いかない様子。さらには、

「月々8万円も借りてたわけだから…。それが月1万6000円、20年やればいいんでしょ?頑張れば返せそうだけど」 との発言も飛び出した。続けて、「1万6000円でしょ?飲みに行かなければいいんだ、飲み代を削ろう!」といった「返済法」も提案していた。

「マリー・アントワネットみたい」
奨学金の返済に苦しむ若者を「自己責任」と切って捨てた神田さんの発言に対し、ツイッターやネット掲示板では、

「借りたものを返すのは当たり前のこと」
「完全に正論。返せないのは金を借りといてまともな生活基盤が作れなかった自己責任」

と同調する声が出ている。だが一方で、「問題の本質はそこじゃない」と指摘するユーザーも少なくなく、

「借りる時と返済の状況が違うのわかってますか?」
「頑張ってもどうにもならないから社会問題になるのであり、根本的な理解が欠如している」
と否定的な意見も上がっている。

さらには、神田さんの「庶民とは違う金銭感覚」を引き合いに、「コメントする立場にない」と批判する声も目立った。
社長夫人の神田さんは、バラエティー番組などでも「セレブ妻」という立ち位置が定着。最近では、雇用していたベビーシッターの女性に高級バッグやジュエリーなど約3000万円分を窃盗された事件をきっかけに、その浮世離れした生活に注目が集まったばかり。

そのため、一部のネットユーザーからは「生まれてこのかたお金に困った事がないヤツに言われても」
「月1万6000円の負担がどれだけのものかって想像できないんだろう」との批判が噴出。なかには、
「マリー・アントワネットみたいなこと言ってんな」との呟きも漏れていた。
J-CASTニュース

まず神田うのはマリー・アントワネットとは明らかに違いますよね。マリー・アントワネットは生まれながらの貴族、神田うのは自身でストッキングとかウェディングドレスのデザイン&プロデュースで財をなして、モデルのルックスと芸能人の人脈で金持ちの旦那をゲットしたまでです。完全に実業家ですからね、ただの嫉妬ですよね。

単純に月8万円の奨学金?これ学費に充填していたんでしょうかね。生活費だったら4年間相当楽に過ごせたのではないでしょうか。私が奨学金をもらった時は月4万円、専門学校でしたがこれは全て学費を出してもらっていた親に渡していました。卒業時に奨学金の返済金額を見てゾッとするのは、この高額な金額にさらに利子が付くからですよね。

さらに保証人が親なら自己破産すると、請求が親に行きますから自己破産もできない。結局、支払わない&債務整理もしないで放置する人が多いから、金額も相当大きくなり、取り立ても厳しくなり社会問題化するのだと思います。結局返さない人が増えると金利が高くなるとか、審査が厳しくなり新規で貸せる人のパイが少なくなっていく状況になってしまいます。

現在でも貧乏でも返済してる人はいるし、働けば毎月の中から16000円払えると思います。要は「払えるけど生活のレベルが下がるから払いたくない!」が本音なのではないでしょうか。

少なくとも学生が500万とか1000万もの借金をすることができる事が驚きであり、そういいう貧乏人でも大学に行くことができるという環境にいるわけですから、お金がないから夜学でダブルワークするとか、大学に行かずに一旦働いてお金を貯めてから大学に入りなおす方法もあるわけです。専門学校ですがそういう人が実際に私の周りにいました。300万貯めてから仕事を辞めて学校に入る人。学校を出た方が新卒でいい企業に就職しやすい環境になりますからね。

ただ奨学金に関しては、その強硬な取り立てが問題になっていますね。

このあたりはルールとして取り立ては一定期間は猶予するべきなのではないでしょうか。その代わり、期限までに払わない場合は一括返済を求めるか、保証人に請求をする、そしてその後は法的措置。社会のルールですから仕方ないです。

この借金から逃れたい人は、債務整理に関する情報を調べたり検討してると思うのですが、ネットで受任する債務整理を専門とする司法書士や弁護士は、やはり奨学金関連の債権の債務整理は受けない方向になっています。ですから、どこに電話をかけても難しいのではないでしょうか。

一方で、奨学金を支払う為に消費者金融からも借り入れをしているとか、結局生活費でクビが回らなくなると、新たな借金に頼るしかなくなりますよね。こういう消費者金融の借金が大きい場合は、こちらを債務整理することが可能です。具体的には、自己破産だと親に奨学金の請求が行くので、任意整理や個人再生で支払いを減額して、将来利息をゼロにしてもらいます。そうすれば毎月の支払額はそう減らないまでも、利息がつかない分安心できますよね。大体3-4年でこちらの借金は返し終えるわけです。

社会人になると、税金の滞納もありますし、携帯などローンを組んで端末を買う場合もありますし、どこからでも滞納の連鎖が生じていきますので、キャッシュフローがショートした時にはすべての借り入れについて、一括請求や法的措置を取られ、半生をブラックな与信のまま生きていかねばならなくなります。

奨学金に関しては、滞納している人、減免している人、返済している人、借金をチャラにできた人など色々と経験した人たちの体験談などを、こちらで読んでみましょう。ご自分と似たケースで対処可能な方法が見つかるかもしれません。とにかく生活は質素に借金を増やさないようにしていかねばなりませんので、大変ですががんばっていただきたいものです。


1