「クレカ借金200万もう死にたい」借金地獄におちいってしまった家族が再生していく方法

「クレカ借金200万…もう死にたい」子育て情報サイト「ママスタ」のBBSに、そんな悩みが投稿されました。投稿した女性は、夫と4歳の子供の3人暮らし。キャッシングとショッピングあわせて約200万円の「カード借金」に苦しんでいるといいます。

夫の月収は14万円。ケガが原因で障がいが残り、思うように働けない状況だといいます。投稿主のパート収入は5万円。二人合わせてもわずか19万円。携帯電話や水道・ガス・電気料金が支払いきれず、とめられてしまうことも日常茶飯事。とても生活していけないと嘆いています。

この投稿に対して、「(投稿)主がもっと働くべき」「死にたいとか簡単に書くな」という率直な感想から、「自己破産や任意整理をしては?」というアドバイスまで、多数の反応が寄せられています。借金地獄におちいってしまった家族が再生していく方法はあるのでしょうか? 小松雅彦弁護士に聞きました。

●3年程度の分割で返せないなら自己破産を

借金が200万円とのことですが、まずは利息制限法に基づく引き直し計算で、借金の減額や、過払い金がいくら出ているかを計算してみてはいかがでしょうか。ただ、2006年の貸金業法等の改正後、法定利率を超える貸付が出来なくなったので、利息制限法で債務が減る事案は少なくなっています。

夫婦で月収19万円ですから、借金返済に充てられるお金は少ないでしょう。もし3年程度の分割で返せないなら、自己破産をお勧めします。自己破産には、債務を全額支払わなくて良いことと、手続の期間が短いというメリットがあります。ただし、自己破産の申し立てをすると、一時的に、特定の職業に就けなくなったりします。

自己破産以外に任意整理、民事再生、特定調停がありますが、費用や手間を考えると、破産しない程度の債務の場合は、任意整理をお勧めします。

ただし、任意整理の場合、自己破産のように支払い義務がなくなるものではなく、長期間にわたって支払いが続きます。また、自己破産、任意整理、民事再生、特定調停のいずれの場合も、クレジットカードの作成・使用ができなくなります。

●各種手当や生活保護の相談もしてみましょう

月収19万円で、借金を返済しながら家族3人で生活していくことは、かなり厳しいでしょう。借金の整理ができても収入が少ないと、お金が必要になった時、ヤミ金から借りるなどして深刻な事態となる危険があります。

そこでまず、ご主人の障がいについて手当が出ないか、役所で相談すべきです。ただ、国・都道府県・市町村の手当など様々あり、障がいの内容・程度によっても制度は複雑です。

次にお子さんの手当ですが、児童手当、児童扶養手当、児童育成手当などがあります。これも所得制限や様々な要件がありますので、役所で相談してみてください。生活保護も相談すべきでしょう。収入が最低生活費を下回れば不足分についてお金が出ます。ただし、地域、家族構成、障がいの有無、年齢などによって非常に細かい基準があります。

また、もし高い家賃の住まいの場合は、安い家賃の公的住宅に移れないか、相談してみてはいかがでしょうか。大事なことは、このような福祉のサービスは、要求しなければ受けられないということです。家族再生のために、がんばって役所と相談してください。

【取材協力弁護士】ライブドアニュース
小松 雅彦(こまつ・まさひこ)弁護士

突然の怪我や病気で仕事に支障が出たり、辞めざるを得ない状況に陥ってしまうリスクは誰しもあるはずです。その時に大きな借金を抱えていると当然支払が困難になりますので、根本的な借金を解決する選択肢は限られてくるとは思うのですが、目の前でできる対策はやっておいた方がいいですよね。

子供さんがいるなら、命がげで借金を解消して生活を立て直す必要がありますね。まず「ケガが原因で障がいが残り」これは障害者手帳が発行されるのではないでしょうか。この手帳があれば等級にもよりますが、役所の生活保護などいざといいう時に役立ちます。タクシーなど割引されるサービスも多いですよね。お勤め先でも障害者を雇用すると会社に補助金が出る場合があるので、給料を交渉してみるのも一考です。

根本的に借金を解決する場合は、債務整理しか方法はないと思います。債務整理の場合は基本的に返済をしていく方針と、自己破産のように全て借金をチャラにしていく方法の二択になるのですが、相談者のように収入がそもそも低い場合は生活コストを下げる余地があまりないので、自己破産するのがベターだと私は思いますね。このような状況になって、さまざまな支払いが延滞したり、税金も延滞になるでしょうし、社会的に迷惑をかけるわけですから「自己破産はしたくない」などのプライドは捨てるべきだと思います。ましてや子供の教育に影響を与えてしまうのは良くないと思いますしね。

もしあなたが無職であるならば、すぐに自己破産した方がいいですし、低収入でも自己破産で毎月の支払が無くなれば生活はやっていけますので、一日でも早く自己破産に踏み切った方がいいでしょう。自己破産でも家やマンションなど資産は無くなりますが、そもそも低収入で資産を維持するのは無理ということです。

高収入で、ギャンブルFXで多額の借金がある人は、個人再生などで減額に成功すれば、毎月の返済は可能だと思います。生活コストも下げることはできますし、ローンや借り入れもしなければ、新たに借金を増やすこともないわけです。ですから債務整理の判断基準になるのは”収入”でしょうね。ですから任意整理や個人再生を選択して、収入をさらにダブルワークをしたり増やしていく施策を取れる人であれば、借金を返済する方向で決断したらいいと思います。社会的責任から自己破産ではなく元本はきちんと返したいという人は結構の割合でいます。自分への戒めと生活の改善にこういう考えも必要でしょう。

ただ任意整理で返済を続けている人の6-7割が結局自己破産してしまうというデータが示している通り、3年以上の返済(普通は3年まで)を滞りなくやっていくのは大変なことだと思います。弁護士や司法書士に頼んで、ホッとして生活が緩んでしまう人もいるでしょうし、それまで取り立てや生活コスト削減でストレスもあったでしょうし、返済中も油断ができないということです。任意整理などの返済は2か月滞納すると、弁護士がまず辞任してしまいますので、債務整理がストップしてしまうことにもなります。一度弁護士に辞任されると、なかなか次の弁護士を探すのは大変ですし(問題のある人間だと思われる)債務整理は返済が終わるまで気が抜けないということです。

結論をいうと、低収入で200万以上の借金がある人、若しくは病気やけが、無職などで給料アップが今現在見込めない人は自己破産を選択しましょう。免責などを気にする人は弁護士に頼むほかありませんが、管財事件になれば余計に20万かかりますし、弁護士に代理人になってもらえれば、何かと有利に事は進むはずです。自己破産をして、債権者には申し訳ないと思いますが、借金を0にして生活を改善して、新たなスタートを切る方が自分にとっても家族にとっても、いつまでもずるずる延滞を続ける債権者に対しても、結果的に良い判断であったということです。少なくとも経済的な理由で自殺などは考えないようにしてください。闇金などで追い詰められる人もいるようですが、自己破産すればいいのです。

同じようなお悩みを抱えている人は、まず弁護士や司法書士などの専門家に無料電話相談して、どういう状況で、どのような債務整理が可能か、聞いてみることをおすすめします。自分で考えてネットで情報を探すために彷徨っていても結局、ケースバイケースで対応が変わってくるからです。一般的に可能なことでも、弁護士は受任しないケースもありますしね。


借金が膨らむ前に無料電話相談はお早めに!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、全国オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


http://higuchi-law.com/

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


http://www.saimu.com/

詳しく細かく無料メール相談、携帯からでもフリーダイヤル、交渉力のある司法書士事務所さんです。安心の5,000人以上の相談実績。 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F【イストワール法律事務所 小宮山博之】東京司法書士会(登録番号1392)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1