元金すらも返済不要?ヤミ金の電話相談で弁護士に逃げ込もう

ヤミ金の電話相談

消費者金融でもお金を借りられない人にとって、お金を貸してくれる闇金は、そのときはありがたいものなのですが、問題はその違法とも言える利息と厳しい取り立てですよね。

数万円単位で非常に少ない金額で最初は貸し付けていくのですが、金利が高いので短期間ですぐに膨れあがってしまいます。そうなってからは時既に遅し、毎月の収入では支払いが困難になります。

支払いが出来なくなると、職場や家族にも連絡が行き嫌がらせをされたり、電話などでも激しく取り立てを受けることになるのです。警察に行っても直接的な恫喝や暴力をふるわれていなければ民事不介入が基本ですし、すぐに事件化されるとも限りません。こうなると闇金の解決は弁護士に頼むほかはありません。
ところが債務整理を業務として扱っている弁護士でも闇金は嫌がりますし受任してくれません。

そうなると、闇金を積極的に受けてくれる弁護士に託すしかないわけです。闇金の弁護士報酬は1社5万~で非常に高額です。ですが弁護士に依頼するメリットは、すぐに代理人となって債務者の窓口になってくれ、今後の一切の面倒を引き受けてくれます。暴力団まがいのヤミ金の取立てから開放されるには、他の方法を探すよりは弁護士に頼むのが一番早いということになります。どうするかと頭を抱えていないで、まずは闇金の電話相談で事情を話してみてはいかがでしょうか。

元金すらも返済不要?

ヤミ金に対しては過去に最高裁で「元金の返済も不要」との判決がでています。過去にこのような判例があれば、弁護士も強気に交渉ができますので、まず元金不要の流れで進むと思います。

既に現金の一部を返済してしまっている場合、業者は応じることはないので返還させるにもまた大変な労力ですから、そのような手間をかけるよりも、将来的な返済の放棄を優先していくと思われます。

まじめに返済してきた人のほとんどは、違法な金利を支払っていますので、元金は払い終わっているかもしれません。返済が終わっても、また強引に貸し付けてきたり、色々と文句を言って返済に応じなかったり、あの手この手で違法な金利の借金を続けさせようとしますので、らちがあかない場合は弁護士に介入してもらいましょう。

無登録業者は手に負えない

最近のヤミ金業者は店舗や事務所を持たずに携帯電話だけで営業する違法業者が非常に多いです。
証拠を残さずに、いざというときに逃げやすいことを考えてのものだと思います。このような業者にボッタクリの返済金をむしりとられてしまうと、いざ返金をさせるのにも相当な手間がかかるものと思われます。内容証明などを送るにも場所が不明ですから、相手方と争うことも難しいです。ですから払ってしまった元金以上の部分は諦めて、その後の返済を放棄する方向に持っていくしかないのかもしれませんね。

無登録ということは金融庁や金融登録などの許認可は当然受けていませんので、取立てに対する苦情をそれら登録機関に、通報もできませんので、強引な取立てや家族や職場での嫌がらせに対抗できるのは、やはり警察か弁護士だけになりそうです。

返済するつもりのない借りパク


ヤミ金が違法業者であることを分かっている債務者が、その元本の返済すらもしなくていいものと初めから知っておきながら、複数のヤミ金から故意に借金を繰り返し、その返済をせずに逃げてしまう行為が「借りパク」です。

ヤミ金業者は法律的にも違法なのですが、こうした借りパクも「詐欺」にあたりますので犯罪になります。
借りパクをしてから、ヤミ金業者に居所を突き止められ、激しい取立てにあってから弁護士に相談しても、
弁護士が受任してくれるものか怪しいところがあります。

借りパクの判断基準は、やはり返済回数や期間、返済の意志があるかどうかによるところが大きいと思います。最悪の場合、依頼した弁護士に告発されてしまいますので(現実的には面倒なのでやらないと思います)その辺ご自分で心あたりがある方は、まず何回か返済してから弁護士に相談するようにしてください。

どうせ見つからないだろうと偽造した身分証明書などで借りパクをして逃げている人もいます。漫画の「ヤミ金ウシジマくん」のシーンではないですが、業者が血眼になって探しまくるとは考えにくいです。しかし相手は暴力団ですから、借金を踏み倒して、複数の業者から逃げている業界の指名手配犯ですから、もし見つかってしまった場合に、事件に巻き込まれる可能性も十分にありえます。

個人の貸金業者も増えている

2ちゃんねるなどの掲示板でも個人金融は盛んです。中には女性だけをターゲットにする人もいますし、事業などを担保に融資する人もいます。暴力団とは関係がないかもしれませんが、個人でも違法業者にはかわりがありません。トラブルになった場合に、個人間の契約が主体となり、民事訴訟でも非常に厄介な案件となることでしょう。

初めは小さな金額で信用を築いていけば、かなり大きな金額でも貸してくれるそうです。個人間の借金はできるだけ小さい金額のうちに弁護士に相談するようにしましょう。個人金融でも違法な金利であれば、それは契約書があっても、それに合意していたとしても、違法になります。元本も返済する必要がないということを頭に入れておきましょう。

債務整理をとりまく現状

最近の弁護士はネット経由でも、借金問題や債務整理に特化している事務所も多くなりましたし、
昨今の過払い金ブームにより、司法書士もTVCMなどで派手に宣伝していますので、ご存知の方も多いでしょう。過払い金返還は、いわゆる法定金利以上で貸しているグレー金利が違法であると最高裁で判決が出てから、多くの消費者金融業者の金利が違法となり、既に返済した金額を逆に返済してもらう現象が巻き起こりました。

この一連の過払い金ブームにより、零細資金業者は倒産してしまうところも出てきました。既に返済が終わっている場合で、このように業者が倒産してしまいますと、過払い金を取り戻すことが困難になります。
武富士など大きな業者でもいきなり倒産してしまうのです。

ヤミ金かといえば無登録業者で違法金利となるわけですが、ご自分でヤミ金と思っていたが実は合法的な貸金業者である場合もあり、地方の貸金業者も無名の業者も、素人ではヤミ金かどうか判別ができない場合もありそうです。ヤミ金だと思い弁護士に相談したが、実際は債務整理として任意整理などで対応してもらうことになるのです。

ヤミ金を受任している弁護士は大抵債務整理も請けていますので心配ないですが、債務整理を専門にしている弁護士でも、ヤミ金を請けない弁護士や司法書士は、かなりいますので注意が必要です。

ヤミ金の電話相談できる弁護士をご紹介

ヤミ金の被害にあわれている方へ、まず無料電話相談が出来る弁護士を紹介します。
こちらのページでは主にヤミ金融から借金してしまった方を対象に弁護士や司法書士の電話無料相談をすることができます。

ご自分が取引しているヤミ金でどのような被害にあわれたのか、どのようにしてもらいたいのか要望も伝えましょう。弁護士の中には、電話でも即日受任で、返済を直ちにストップしてくれる所もあります。
また会社や家族に迷惑をかけないように、内緒で処理してくれる所がほとんどですから、そのあたりの要望も伝えましょう。

ヤミ金に関しては、元金の支払いは無効ですから、強気に交渉してもらえますし、その後の業者からの電話なども一切受ける必要がありません、また職場や学校などに連絡が行けば、直ちに警察に通報することになりますし、弁護士が法的に対応してくれることでしょう。


借金が膨らむ前に無料電話相談はお早めに!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入先の会社名」「借入総額」「取引期間」(分かる範囲でOK)などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1、全国オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


http://higuchi-law.com/

安心の弁護士が対応。全国対応24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口卓也】東京弁護士会(登録番号29906)


http://www.saimu.com/

詳しく細かく無料メール相談、携帯からでもフリーダイヤル、交渉力のある司法書士事務所さんです。安心の5,000人以上の相談実績。 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F【イストワール法律事務所 小宮山博之】東京司法書士会(登録番号1392)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1