債務整理を成功させるコツ
債務整理を成功させるコツ【スマホ版】
債務整理を成功させるコツ【タブレット版】

Aさんは委任契約書にサインした際「処理には半年ほどかかる」と言われ、その6ヶ月の間「行動費」として本人分6万5千円、夫の分として3万5千円の計10万円を月々払うように言われました。



▽高齢者を騙す司法書士の手口!6ヶ月放置で行動費月10万請求

高齢者を騙す司法書士

債務整理も専門家からすれば競争激化の傾向にありますが、その中でも契約も費用もわざと分かりにくくして、高齢者からぼったくる悪質な弁護士や司法書士が増えています。こういった悪徳司法書士の例を知ることで、信頼できる弁護士や司法書士を探す際に参考になれば幸いです。

多重債務者が藁をもつかむ思いで相談に乗ってくれる専門家を探し、チラシなどの宣伝広告などでも先入観無しに簡単に依頼してしまうのでしょう。少しでも疑問を感じたら他の弁護士や司法書士に相談したり、解任をすることもできますので、その判断材料として債務整理に関して料金相場や一般的な作業の流れなどを、ご自身でまず知っておく必要がありますね。 そして何より信頼できる弁護士や司法書士を捜すことが一番です。債務整理は特に任意整理など3年~もの長い期間関わり続けることになります。

以下、悪徳司法書士の例をご紹介します。

養母の介護・リハビリ費用や年金暮らしの補填の為に借金を重ねてしまった30歳代のAさんのケースです。Aさんは夫のBさんとともに、計9件約500万円の借金がありました。

そしてAさんは自宅ポストに入っていたフリーペーパーの広告を見て、C法務司法書士事務所を訪ねました。訪ねたその日に「委任契約書」を差し出され、内容をよく理解できないまま、Aさんは求めに応じてサインをしました。

その契約内容を見た他の司法書士も「これは専門家でも分かりにくい。これにサインさせて「契約したでしょ」で押し切るのは不誠実だと思いますね。というか素人が混乱するようにわざと複雑に作っているのではと疑いたくなる」とのこと。

更に問題はこれだけではなく、Aさんは委任契約書にサインした際「処理には半年ほどかかる」と言われ、その6ヶ月の間「行動費」として本人分6万5千円、夫の分として3万5千円の計10万円を月々払うように言われました。 この費用は最終的には司法書士への報酬に算入されるのだが、この時点では委任契約書のどの部分を根拠として請求されているのかまったく不明でした。

行動費を払っていても、Aさんのもとには何の報告もありません。 不安に駆られて電話をしても事務の女性は「半年待ってください」の一点張りです。対応に不満を感じたAさんは、月々の行動費の支払いをやめることを決心しました。

そして半年が過ぎましたが、C事務所からは何の音沙汰もありません。 Aさんが催促に催促を重ねてやっと「進捗状況報告書」が送られてきたのは、委任契約書にサインしてから8ヶ月後でした。Aさんはこれを見て初めて、過払い総額が約200万であり、C司法書士が74万円の和解で手を打った事を知ります。

そこからAさんに返金されたのは30万円。数字の根拠は不明です。そのうえ、そこから「行動費の未納分である7万8千円を払ってくれ」と言われたが、さすがにこれは拒否しました。

Aさん「納得のいかないことだらけだったので、何度か電話でやりとりしたんです。でも、事務の女性も状況をまるで理解していないようでした。やっと司法書士本人が出てきたかと思ったら、ヤクザみたいな口調で「じゃあ事務所に来ればいいじゃないか。説明してやるよ」と凄まれてしまって・・。怖くなったので「足をくじいたので行けない」と断りました。」

その後、借り手支援団体の無料相談などで「報酬が高すぎるかもしれない」とのアドバイスを受けたAさんは、弁護士に解決を依頼。するとAさんにはあと21万円余りを受け取る権利があることが分かりました。弁護士がその旨をC司法書士に通知したところ、残金をあっさり送り返してきたといいます。

「サラ金殲滅 須田慎一郎」より抜粋

よくあるケースが、期間の引き延ばしですね実際はほとんど何もしていない訳ですが、これにより今回は「行動費」を継続的に請求しています。また「過払い総額が約200万であり、C司法書士が74万円の和解」ここもおかしい点です、貸金業者の違法金利において債務者が圧倒的に有利な状況下ですから、満額での妥結を目指すのが普通です。 司法書士は140万円という上限がありますが、裁判で争っても有利な条件を引き出してもらおうと動いてくれる方も多いです。この和解金が安いのは恐らく業者にリベートをもらっていると見るのが妥当です、つまり業者とグルで不当に和解金を安くしているのです。

結果的に21万円を余分に受け取る程度では済まない案件だったと個人的に思います。「行動費」についても実際に動いた証拠を提出させるべきですし、この辺りはキチンと実費で請求する場合もあります。この方は行動費だけで月10万円をよく途中まで支払い続けられたなと思いますが、もっと早く気付いていれば傷は浅かったでしょう。

6ヶ月かかると言われて今回は結局8ヶ月を要しています。債務整理の期間が長すぎると言った苦情は他の案件でも結構聞かれます。これは弁護士が何十何百もの案件を平行している場合によくある事で、単に事務作業に時間がかかったり、訴訟を何人かでまとめてコストを下げようとしているのでスケジュール調整で遅れてしまうのです。

ですから時間がかかる場合は、一概に全て放置していると考えることはできません。その場合には進捗状況をこまめに確認できるシステムの事務所もありますし、ご自身で進捗状況を確認した時に丁寧に具体的に答えてくれるのが普通であり、長期化する事で依頼者が不安に思うのは当然だからです。早く妥結すれば過払い金がある場合は、早くお金が手に入るわけですが、業者も基本的にギリギリ訴訟になるまで粘って引き延ばしたりもするそうですから、有利な条件と時間というのは相反するものなのです。


弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談が可能!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!借金問題の実績5,000件以上の法務大臣認定司法書士事務所です。 90分間の無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧に説明いたします。明快でわかりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。 債務者の希望にできるだけ応えられるよう粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応いたします。また、手続選択や連絡手段についても、ご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。

大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 近藤 陽介】


樋口総合法律事務所

http://higuchi-law.com/

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方などご相談してみてはいかがでしょうか? 費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。 受任後すぐに介入通知書を業者に送付する事で借金の取立てを即日STOPすることも可能です。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談です!

東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口 卓也】


はたの法務事務所

http://hatano-saimuseiri.net/lp/index2.html

24時間電話相談が可能な司法書士事務所さんです。「過払い・債務整理・借金・自己破産・登記」のご相談ができます。安心の30年で40,000人以上の相談実績。低価格の過払金請求で全国お客様満足度98%以上となります。 24時間365日全国出張対応。手持ち金0円で今月のお支払から止めることができます!催促ストップ可能!メール相談なども数多く対応している司法書士法人さんですので安心してください。「主人に内緒で完済できました!」という声があります女性でもお気軽に相談できますね。

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階【認定司法書士 幡野 博文】


借金の無料相談なら女性専用の債務レディ

http://www.kabaraichannel.com/

新大阪法務司法書士事務所による借金解決・債務整理に関する無料相談サービスです。女性スタッフのみで対応しています。家族に知られずに借金を解決! 24時間メール相談可能!債務整理・過払い請求・個人再生・自己破産に対応。当事務所の専門家に相談する際に、実際に初期費用・着手金を頂くことは、一切ありません。また、金融会社1社あたりの債務整理費用も、依頼者の費用負担を抑える料金設定の20,000円(税別)としておりますので、安心してご相談いただければと思います。

大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518【認定司法書士 金井 一美】


相談できないケース

ヤミ金に関してはこちらの弁護士に相談下さい


 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.