債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

税金の滞納と債務整理

税金の滞納

税金滞納も放置しておくと延滞金や差押えになりますので厄介ですよね。自己破産で免責にもなりませんので逃げることができません。 日本の税金も多種多様あります47ほどあると言われていますね。代表的なものでも、 所得税・法人税・住民税・消費税・自動車税・固定資産税・相続税があります。 地方税法に基づき納付期限後20日以内に「督促状」が発行されます。 さらに「差押予告通知」という書類が送られてきたらアウトですからすぐに役所などに相談に行きましょう。 所得が少なければ月3000円から5000円の分割払いになると思われます。 ですがこれも市町村や担当者によって違います、毎月5万~7万の分割払いを求める役所も実際にあるようです。 家賃など滞納し光熱費・食費も払えなくなるといっても差し押さえられてしまいます。

税金も滞納を続けていると年14.6%の延滞金がかかります。延滞金がかかるのは督促状の納付期限を超えてからとなります。 昔は延滞税をまけてもらったケースもありましたが今は延滞税の徴収に差が出るのは不公平という見解で延滞税を免除しない方針になっています。 固定資産税、健康保険、住民税などを二年滞納してから毎月4万円支払ったとしても年間で残高は増えてしまう結果になります。

消費税などは書面により分割納付計画を提出して認められた場合に延滞税は14.6%ではなく公定歩合の4.5%増しに減額されます。 早めに税務署に交渉に行きましょう。


税金滞納や差押えは債務整理できない

税金や国民年金の滞納に関しては自己破産や個人再生、任意整理をすることができませんので注意してください。 滞納が生じたときは速やかに役所などに直接相談に行って分割払いなどにしてもらうのが賢明です。

支払いを放置をすれば給料や銀行口座を差押えされます。 裁判所の申請無しに差押えを独自に行える役所は非常に怖いです。 特に自営業者などの口座のお金で給料と区別がつかないものは一律に生活費だろうと無条件に差し押さえられます。 一旦差押えされたものを取り消すことは弁護士であろうと困難ですので注意してください。

税金や年金の滞納により消費者金融やクレジットや住宅ローンの支払いが難しくなりますので、生活も困難になる恐れがありますから 債務整理を検討される場合には、税金などの滞納について事前に対策をしておくことをお勧めします。

税金滞納を何とかしのぐ方法、毎月小額を払い続けて時効を待つ


消費者金融やローンのある方

消費者金融やクレジットカード会社から複数の借金をされている方も多いと思います。そのような方は当然年金や税金の滞納もあるはずです。 まず健全な生活に建て直すためにも毎月の支払額を減額し一本化できる任意整理をオススメいたします。 毎月支払いを続けながらでも貯金ができ年金や税金を支払える余裕のある生活を目指していきましょう。 支払いの利息が生じるものは滞納すべきではありません、支払額が雪だるま式に膨れあがる前に打つ手は早いほうがいいと思いますよ。

任意整理は金融会社との交渉で再計算した無理のない返済額で毎月の支払いを続けていく方法です。 借金の減額や一本化、また将来の利息を免除などメリットが多いでので最近は任意整理をする人が増えています。 他にマイホーム以外の借金をほとんど減らせる個人再生もありますし、自己破産も選択肢としてあります。 自分で判断するのではなくまず弁護士や司法書士に相談してみましょう、ページ最下部に無料電話相談のできる弁護士一覧があります。

借金減額+一本化+利息免除
借金解決方法借金解決
①任意整理がおすすめです
毎月の返済条件や金利分を緩和できたら借金を返せますか?

返済条件を緩和する和解を貸金業者と結ぶのが任意整理です。裁判所に申し立てる必要がなく早く債務を整理できますから手続きに掛かる料金も安めです。任意整理のメリットは業者からの取り立てが止まる上に借金を減額できる点にあります。取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算し元本返済に充当しますから借金が減額されます。

任意整理を利用できる人の条件 1.減額後の借金を3年程度で返済できる方 2.継続して収入を得る見込みがある方 官報に名前が載らない、財産を処分しなくてよいなどのメリットも大きいと思います。ですから最近は自己破産をせずにこの任意整理を選択する人が増えています。残った借金は約束通りに支払い続けなくてはなりませんので注意しましょう。


②個人再生でマイホーム維持
マイホームを手放さなくても済む、自己破産はしたくない人向けの新しい制度です。

借金の額が多すぎて任意整理では返済しきれないが、自己破産は避けたい、マイホームを手放したくないという場合にとる手続きです。「個人再生」は「民事再生」(民事再生法内の個人再生手続き)とも言われます。住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができます(住宅ローンは一切減額なし) 借金の減額幅は最低弁済基準額で決められており最大で80~90%減らすことが出来ます、返済期間は3年です。

民事再生を利用できる人の条件 1.借金の総額が5,000万円以下の方(住宅ローンを除く) 2.返済不能となるおそれがある方 3.継続して収入を得る見込みがある方 安定した収入がなければ利用できない為、専業主婦などは難しいですが、無職や失業中の方は個人再生を利用できる場合があります。デメリットとしては信用情報機関に個人再生をしたことが登録されますので、5~10年間程度は新たに借金やローンが組めなくなります。


③借金0でリセット自己破産
すべての借金を支払う義務がなくなります、しかし20万を超える財産は処分

継続して借金を支払うことができない状態「支払不能」にあることを裁判所に認めてもらい、高価な財産があればそれを処分する替わりに借金の支払義務を免れる制度です。「免責手続」はこの自己破産の手続きと同時に残った借金の支払いを免除してもらう手続きです。 自己破産を利用できる方 1.支払不能であると認められる方 2.過去7年以内に免責を受けたことがない方 現在価格が20万円を超える財産(現金は99万円を超える金額)は原則としてすべて処分されます。但し20万円を超える財産でも生活に必要な財産については維持することが可能で生活に不可欠な財産(家具等)は原則として処分されません。 資格が制限される職業について。 弁護士、税理士等の士業、宅地建物取引主任者、生命保険募集人、旅行業務取扱管理者、警備員等になります。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧にご説明。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方など。費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。受任後すぐに介入通知書を業者に送付、借金の取立てを即日STOPすることも可能。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談!東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。【解決例1】借入れ総額が大きく、任意整理での支払いが難しかった為、自己破産をご提案。【解決例2】将来金利のカットとアルバイトでの収入を加味して、任意整理をご提案。【解決例3】自己破産は避けたいとの事でしたので、任意整理にて将来金利をカット。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.