債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

個人事業主の任意整理と自己破産

個人企業を営んでいる者はその配偶者及び子供らも家業を手伝っている場合が多く、その事業が相談者の家族の生活基盤になっています。 そこでその事業により今後利益を上げて生計を立てていけるかどうかを検討する必要があります。 利益が出ているのであればその利益から生活費等を除いた額を弁済原資として任意整理することができるでしょう。

利益が出ていなければ利益が出る取引だけに絞るなどして改善を図る必要があります。 その事業から利益を上げられないのであれば破産して新たな職に就くことが適当な事が多いでしょう。

個人企業の規模が小さく費用をかけたくない、あるいはかける余裕もないとか、保証人との関係に配慮したいなど、 柔軟な解決を図りたいときは民事再生ではなく任意整理という選択肢があります。 ただ民事再生と異なり利息制限法に引き直した額から更に減額を求めることは難しいでしょう。

①不動産について

不要な不動産がある場合でも債務整理の相談をする者は抵当権を設定していることが多いです。 競売されると市場価格より安くなることが多いので債権者への配当額を多くするために任意での売却を行います。 買主の募集に関しては不動産仲介業者に依頼することが合理的です。 売却できた場合にのみ仲介手数料を払う内容の契約を締結します。

②自動車について

任意整理後の生計をたてるために必要なら残します。業務用車両であれば売ってもたいした額にはなりません。 自動車を所有し続ける限り自動車税や自賠責保険料等の維持費がかかるため、必要性が低いのであれば手放した方が適当な場合が多いです。 譲渡する場合には、登録名義移転費用等を要します。廃車にする場合でも廃車登録費用等を要します。 登録が移転されないと自動車税を請求され続けるため、所有者名義の変更手続きを経た上で鍵を引き渡す方が安全です。

③什器備品・動産・有価証券について

その後の事業に必要な物は残します。不要な物は売却したり廃棄します。 高額になることはあまりないですが廃棄費用をかけるよりは安くとも買い取り業者に売却しましょう。 不動産売却にあたって什器備品をあわせてあるいは廃棄してもらう約束で売却してもよいです。 ゴルフ会員権などの有価証券も買い取る業者がいるのでそのような業者に売却することを検討しましょう。

④生命保険について

年齢や健康状態、解約返戻金額を考慮して解約するか否かを判断します。 解約した場合にえられる解約返戻金は相当長期間の積立がなされてない限り数十万円程度であることが多く、これを債権者に返済しても ごく僅かであるから債権者がこれにこだわることは少ない。

⑤売掛金について

債務整理の相談をする事業主はいわゆる自転車操業になっていますので売掛金の入金が止まると破綻する事がほとんどです。 従ってこれらは債務整理後同様に支払いを続けてもらう必要があります。 ところが小規模な高利貸しやヤミ金業者は債務者の大口の取引先に対する売掛金を債権譲渡させて担保に取っていることがあります。 具体的には債権譲渡津売りだけではなく売掛金が供託した場合に備えて供託金還付請求の為の委任状や印鑑証明書交付のための委任状、 その他吐くし委任状など多くの債務者から交付させています。 このような場合には債権譲請け人に売掛金を回収されないようにするため、債権を譲渡しても債権譲渡通知発送の委任を解除することを通知します。

また売掛金はこのような紛争に巻き込まれることや支払日経過後に生じる遅延損害金の支払いを嫌うため、債権者不確知による供託をすることがあります。 ある程度規模の大きな会社の場合、供託する方が多いでしょう。 供託された場合には債務者が供託金還付請求権を有する事を確認する訴訟を提起してその確定判決をもって供託金の還付を受ける必要があります。 ヤミ金業者は欠席することがほとんどであるため、裁判は第一回口頭弁論期日に出廷するだけで結審します。

売掛金を取り込んで供託すると同時に還付請求を行うヤミ金業者に対しては、ヤミ金業者より先に売掛先の協力を取り付けるべく売掛先に早急に連絡して 売掛金の支払日が到達する前に上申書を提出する必要があります。 この上申書を提出すると新たに登録した印鑑によってでないと供託金の還付を受けられなくなるため、ヤミ金業者は債務者から得た供託金還付請求の ための委任状及び印鑑証明書によって供託金を得ることができなくなります。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入件数」「総金額」「借入期間」などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!借金問題の実績5,000件以上の法務大臣認定司法書士事務所です。 90分間の無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧に説明いたします。明快でわかりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応えられるよう粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応いたします。また、手続選択や連絡手段についても、ご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。 大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方などご相談してみてはいかがでしょうか? 費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。 受任後すぐに介入通知書を業者に送付する事で借金の取立てを即日STOPすることも可能です。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談です! 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


▼借金問題の専門!

イストワール法律事務所

詳しく細かく無料メール相談できます!交渉力の強い司法書士事務所さんです。「過払い・債務整理・借金・自己破産」のご相談ができます。安心の5,000人以上の相談実績。今月のお支払から止めることができます!催促ストップ可能!メール相談なども数多く対応している司法書士法人さんですので安心してください。元大手金融業者や債務整理経験者のスタッフがいます。損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求! 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F イストワール法律事務所【認定司法書士 登録番号1392 小宮山博之】


▼ヤミ金に関しては同じ認定司法書士の小宮山博之さんに下記より相談下さい

全国対応!ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.