東邦大元准教授が論文193本データ捏造・改ざんの疑いで麻酔科学会が調査

<東邦大元准教授>論文193本、不正か 麻酔科学会が調査
毎日新聞 5月23日(水)2時31分配信
日本麻酔科学会(森田潔理事長)は22日、会員である麻酔科医が国内外の専門誌に発表した、麻酔薬の投与量などに関する論文193本のデータに不正の疑いがあるとして、本格的な調査に乗り出したことを明らかにした。この医師が准教授として在籍した東邦大は今年2月、在籍中に発表した論文のデータをとった際に倫理規定違反があったとして、この医師を諭旨退職処分にしている。【久野華代】
同学会によると、調査対象となっているのは元東邦大准教授の藤井善隆医師。「論文のデータの公正さに疑問がある」と国内外の複数の専門誌が指摘したことから3月、調査特別委員会を設置。藤井医師が1991年以降、国内の病院や大学など7機関に在籍して発表した論文193本について、各機関と連携して調査を進めている。
不正の疑いがもたれたきっかけは、外国の麻酔学に関する学術誌に2月、英国の専門家が投稿した藤井医師の論文に関する評論。1991~2011年に藤井医師が実施したとしている約170件の試験データを統計学的に分析した結果、試験対象者の年齢、体格、血圧などの傾向が特定の範囲に集中し、平均的な分布と大きく異なって、本来あるはずのばらつきがなかった。評論は、こうしたことはほぼありえないとしてデータの正しさに疑問を呈するなど、複数の専門誌がデータ捏造(ねつぞう)や改ざんを示唆した。
これを受け、藤井医師の論文を掲載した国内外の23の専門誌が4月、藤井医師が過去に在籍した病院や研究機関に対し、論文の撤回を検討している旨の書面を送付。各機関でも調査するよう求めた。
調査対象の193本のうち9本は、藤井医師が東邦大在籍中に発表。同大が調査した結果、いずれも藤井医師が茨城県内の病院で行った、患者を対象とした研究を基にしていたが、実施前に義務づけられている病院内の倫理委員会の承認を得ていたのは1本だけだった。藤井医師が事実関係を認め論文を撤回したとして、同大は2月29日付で藤井医師を諭旨退職処分にした。
藤井医師は毎日新聞の取材に対し「日本麻酔科学会の調査が終わるまでコメントできない。結果がまとまったら説明する」と話している。

問題はやはり事前のチェック機能にあったようです。

実施前に義務づけられている病院内の倫理委員会の承認を得ていたのは1本だけだった。
科学的な論文などはいろんな人間がチェックしないと何でもアリになってしまいますよね。
専門分野の人しか検証できないわけですから。

科学における不正行為wikipedia
科学における不正行為としては、実験のデータの改竄(かいざん)や捏造(ねつぞう)、他人の論文の剽窃(ひょうせつ)、他の科学者のアイディアの盗用、実験データを記録した媒体(USBメモリ、CD-Rなど)の窃盗およびコピー、ギフトオーサーシップなどがある。科学による不正行為は、科学界を揺るがす事件となることがあり、そうなると報道機関などを通じて世間の人々にも知れ渡ることになる。科学の研究結果は、論文として発表される前にその分野の専門家による査読が行われ、研究の妥当性が問われるが、査読は「各研究者が倫理的行動をとること」を前提とした制度であるため、実験結果の捏造やデータの改竄、他人の研究の盗用などを発見する機能は果たしていない。

うっかりミスか?偶然か?捏造・改竄・研究不正か?判断するのも高度な専門知識が要りますね。
論文が少なければむしろ故意とはとれない場合があります。
今回の事件のように193本にも及ぶと確信犯的なものがありますが。
論文で発表したデータが捏造であることが発覚した!
論文として発表したデータが故意に捏造されたものであることが発覚しました。この場合、どのような法的問題が生じますか?


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金返還】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。お気軽に連絡しましょう!


アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!。法テラス扶助制度利用OK!【収入により月5千からの分割返済】借金問題の実績5,000件以上。認定司法書士事務所。当サイト人気No1、トータルで安い!個人再生オススメ!

大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪司法書士会(登録番号3331)

心配なら、今電話予約!


イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメ。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!


▼ヤミ金のご相談はこちらから