【労働安全衛生法違反】青森県鶴田の塗装業者、労災報告怠った疑いで書類送検「法的なものだと知らなかった」

労安法違反:鶴田の塗装業者、労災報告怠った疑いで書類送検 /青森
毎日新聞 2012年05月08日 地方版
五所川原労働基準監督署は7日、労災報告を怠っていたとして、鶴田町の塗装業者の男(48)を労働安全衛生法違反容疑で青森地検弘前支部に書類送検した。
容疑は昨年5月18日、五所川原市内の住宅の塗装工事中、男性従業員が転倒し、右肩を脱臼する全治約3カ月のけがで休業したにもかかわらず、期限内に報告しなかったとしている。同11月、従業員が労基署に相談して発覚。「法的なものだと知らなかった」などと述べているという。【宮城裕也】

労働安全衛生法違反毎年増えているようです。結構知らない自営業者も多いのではないでしょうか。いきなり書類送検ですからね。ただ危険な作業が伴う職業は認識すべき問題です。怪我を負った側がネットなどで調べて発覚するケースも多そうです。
「労災かくし」の送検事例(厚生労働省のページで解説してます)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/roudou/rousai/4.html
「元請けの労災保険を使うと迷惑がかかり、仕事がもらえなくなると思った。」
などとありますが元請けとの関係でこういうケースが多いと問題ですね。でも事後は元請けにさらに迷惑がかかるような気がします。
労働安全衛生法という届け出や申請事由にとどまらずに従業員の安全を考える意味で従業員に対しては研修もやる必要がありますね。現業系の会社はハインリヒの法則という教えがあるそうです。

労災保険特別加入制度も知っておきたいです。


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。

自己破産した私が、あなたに司法書士で個人再生をすすめる5つの理由
私は過去に自己破産しましたが、その選択は今でも間違ってはいなかったと思っています。一方でこのサイトでは債務整理はまず個人再生をおすすめしています。個人再生は...
アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!法テラス扶助制度利用OK!借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1