奨学金を返済できない人間はブラックリスト!全国の銀行個人信用情報センターに登録される

奨学金を返済できない人間は“ブラックリスト”に載せられる
週プレNEWS 2013年05月28日
非正規雇用や就職難の広がりなどで、学生時代に借りた奨学金を返還できないケースが増えている。
日本学生支援機構(以下、支援機構)における未返還額は年々増加し、昨年3月の時点で過去最大の876億円にも達している。
そのため支援機構は、2008年以降の利用者で、3ヵ月以上滞納している人の情報を全国の銀行個人信用情報センターに登録(ブラックリスト化)するなど、回収策を強化している。
ブラックリストに載せられると、住宅ローンやクレジットカードなどの審査が通らなくなる可能性もある。
支援機構はこのブラックリスト化について、「利用する際に十分に説明もしているし、同意書も取っている。そもそも同意しなかった人には貸与していない」(支援機構の広報課長・前畑良幸氏)としている。返すべきものを返せなければ、それなりの対応を取らざるを得ない、との苦肉の策であろう。
民間の金融業者であれば、貸した金を返さなければ、それなりの“ペナルティ”を科すのは当然のこと。
しかし、奨学金制度は「経済的理由で修学が困難な学生の支援」を目的としており、返済についても学生が卒業後、就職して金を稼ぐという“未来”が前提となっている。 若者の雇用環境は著しく悪化しており、貧困層の拡大が社会問題になっている。そんななかで
ブラックリスト化のような、収入の不安定な若者を苦しめる政策が正しいことなのか疑問が残る。
奨学金問題に詳しい弁護士の岩重佳治氏は、こう語る。「このような厳しい状況を考慮しないで、奨学金の返還を個人の責任に押しつけ、ひたすら『返せ』と言うだけでは問題の解決にはつながりません」
返還金は新たな奨学金に充当される「財源」でもある。回収を緩め、未返還金が増えれば増えるほど、財源が枯渇し制度は立ち行かなくなる。ある意味で、奨学金事業は自転車操業状態に陥っており、制度そのものが破綻していると言っても過言ではないのだ。
今年の3月、4月と2度にわたり、日本学生支援機構に対して抗議活動を行なうなど奨学金問題解決に向けて立ち上がった「ゆとり全共闘」。同団体の菅谷佳祐氏は、日本の奨学金制度を根っこから変えなければならないと力説する。
「結局、奨学金とはなんなのかというところに尽きると思います。日本では貸与型の奨学金が常識ですが、世界では奨学金とは返済義務のない給付型のものを指します。例えばアメリカでは、貸与型は『学士ローン』といって奨学金とはいいません。問題の抜本的な解決には、奨学金=借金という日本の常識を覆す必要があるし、そのためには日本政府が公的資金をもっと教育に使わなければいけないのです」
OECD(経済協力開発機構)に加盟する34ヵ国中、大学授業料が有料で、しかも給付型奨学金のない国は日本だけだ。さらには、対GDP比で見た高等教育にかける公的支出の割合は、OECD諸国の平均を大きく下回っている。
「せめて政府はOECD平均割合の額を支出してほしいです。その額は年間2兆5000億円。
それだけで全私立大学の授業料を無償化できます。そもそも、『国際人権a規約(13条2項b、c)』
には、高等教育は暫定的に無償化すべき、と規定されている。
政府は昨年9月、この規約に批准したのですから、無償化を目指して動き始めるべきだと思います」
(菅谷氏)

未返納者は33万人いるそうです。
奨学金の立ち位置が曖昧ですよね。実施に借金ではなく給付型のものもあるわけで。
奨学金が一定期間支払われない場合は学資ローンで賄う形にして扱いも切り替えるというのはどうでしょうか?
利子がつくタイプの奨学金もあるんですね。
支払いができない人は減額返還制度も利用すべきです。
奨学金返済問題ホットラインも全国受付でたびたび開設されています。
■奨学金を返済しない+返済できない場合どうなるか?
①催促
奨学金の返済は、通常、銀行口座から毎月定額を引き落とすという方法で行われます。
銀行口座に必要なお金がない場合、催促状が送達される等して、返済を催促されます。
②法的措置
催促されても返済しない場合、借りた団体によっては、滞納者に対し、返済を求める裁判手続きなどの法的措置を取る旨を記載した通知書を送付してきます。
③差し押さえ・強制執行
裁判で負けても返済をしない場合、強制執行(競売など)の前段階の措置として、滞納者の財産が、差し押さえられます。
■返還期限の猶予-日本学生支援機構
奨学生本人が、災害・傷病・経済困難・失業等によって奨学金の返還が困難になった場合、あるいは大学、大学院等に在学している場合は、願出により奨学金の返還期限を猶予することがありますので、ご利用ください。
※ 割賦金額の半分なら返還できる方には「減額返還制度」がありますので、こちらもご検討ください。
■奨学金の未返還者が増え続ける理由とは?
奨学金の未返還者は全国で約33万1000人、未返還額は過去最大の876億円に上る。10年前に比べ、約2.5倍にも膨れ上がっているのだ。

「貧困社会ニッポンの教育 奨学金を考える」奨学金取り立ての現場

「奨学金を返せなくなったらどうなるの?」奨学生や保護者が最も心配する点です。


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金返還】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。お気軽に連絡しましょう!


アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!。法テラス扶助制度利用OK!【収入により月5千からの分割返済】借金問題の実績5,000件以上。認定司法書士事務所。当サイト人気No1、トータルで安い!個人再生オススメ!

大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪司法書士会(登録番号3331)

心配なら、今電話予約!


イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメ。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!


▼ヤミ金のご相談はこちらから