ネットバンキング不正送金被害、最悪の3億6千万円に約75%が中国人名義、銀行の被害補償やセキュリティの安全性はどうなのか?

ネットバンキング不正送金被害、最悪の3億6000万円に
msn産経ニュース 2013.8.2 23:59
今年に入りインターネットバンキングをめぐる不正送金の被害が急増し、1~7月の被害が398件で計約3億6千万円となり、年間で過去最悪だった平成23年を既に被害件数、総額とも上回ったことが2日、警察庁のまとめで分かった。
警察庁によると、被害に遭ったのは楽天、ゆうちょ、みずほ、三菱東京UFJ、りそな、シティバンク、ジャパンネット、セブン、北洋、十六、大垣共立など計12銀行の口座。口座利用者の居住地は42都道府県に及んだ。
大半の利用者のパソコンがウイルスに感染しており、IDやパスワードを盗まれていた。金融機関が取引のたびにパソコンのメールに送ってくるワンタイムパスワードを盗まれたケースもあった。送金先は約600口座で、約75%が中国人とみられる名義だった。

これ問題は無断で引き落とされたお金はどういう扱いになるのか?戻ってくるのか?ですよね。
特にネット銀行など気になるところです。
ジャパンネット銀行と楽天銀行ではそれぞれ不正利用に対する保険に加入しているということで、口座の不正利用における被害額を補償する保険で、2012年12月現在、楽天銀行:300万円~1000万円、ジャパンネット銀行:300万円~500万円の不正被害保険。
但し楽天銀行などは以下のように銀行側が判断して支払いを決めるとあり、
インターネットバンキングの被害の補償について

お客さまの「重大な過失」または「過失」となりうる場合については、被害補償対象外、または補償額の一部減額となる場合があります。個別の事案毎にお客さまのお話を伺い、対応いたします。

パスワードを変更しなかったのは客側の過失であるなど、いくらでも理由を付けられます。
本質は、ネット銀行のシステムの脆弱性であるのは明らかなんですが。
報告が遅れた場合なども補償対象外にされる危険性があります。
以下三菱東京UFJダイレクトの被害補償の基準です。

■三菱東京UFJダイレクトの不正利用被害の補償について
個人のお客さまにおかれまして
1. ご契約番号等の盗用または不正な振込に気付いたらすみやかに当行に通知していただくこと
2. 当行の調査に対し十分な説明を行っていただくこと
3. 警察に被害届をご提出いただくこと
を前提に、原則として通知があった日から30日前の日以降になされた払出しについて被害補償いたします。
なお、ご本人に過失があることを当行が証明した場合の被害補償額は4分の3となります。ただし、これらは番号等の盗用から2年を経過する日後に通知をいただいた場合には適用されません。さらに、ご本人に重大な過失がある場合、ご本人の配偶者、二親等以内の親族、その他同居人または家事使用人によって行われた場合、またはご本人が被害状況の説明において重要な事項について偽りの説明を行った場合には被害補償の対象とはなりません。


お客さまの大切な情報を盗まれないよう、パソコン・インターネットのセキュリティにも十分ご注意ください。
1. ご利用のパソコンのOS・ブラウザソフトを更新し、セキュリティパッチを適用する、ウィルス対策ソフトは最新のパターンファイルを更新する等、ウィルスの感染やスパイウエアの侵入にご注意ください。
2. ご利用のパソコンにパスワードを設定することをおすすめします。
3. 無線LANやブロードバンドルータ等、ネットワークのセキュリティの設定を確認してください。
4. 身に覚えのない電子メールはフィッシング詐欺の可能性があります。メールやメールに添付されているファイルを開いたり、リンクをクリックしたりしないでください。電子メールへの返信やリンク先のウエブサイトにはパスワード等の重要情報を入力なさらないようご注意ください。なお、当行からお客さまのID・パスワード・口座番号・暗証番号等の重要情報を電話や電子メール等でおたずねすることはありません。当行からお送りする一部の電子メールには、電子署名をつけてお送りしております。
5. 無料ソフトをダウンロードする際や不審な電子メールの添付ファイルを開くことによりスパイウエアが侵入する可能性もありますのでご注意ください。
6. ファイル交換ソフトの使用は十分な知識がないと危険です。
7. インターネットカフェやホテル等に設置されている不特定多数の方が使用するパソコンではスパイウェアに侵入されている場合や手元のキー操作を盗み見される可能性がありますので、三菱東京UFJダイレクトをご利用にならないようおすすめします。

これ解釈よっては全部、預金者側の過失にされませんか?

137 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/08/03(土) 10:47:47.65 ID:0QpkJ8u7O
ネットバンキングは、トークンを導入しているとこが安全と思うが、ログイン時パスワードにトークン使用、振込等取引は乱数表カード暗証番号使用の方法が一番安全だと思う。 これが、ログイン時ではトークンを使用せず、取引時にトークン使用のところの銀行もあるがセキュリティーが甘い。 内部犯行説も想定すれば不正ログインをさせない事を最優先にしろよ
楽天銀行のメール方法は、そもそも論外。セキュリティーが非常に甘いと思うね。

ネットバンキングへの預金は分散するか10万以上は入金しない方がいいかもしれません。
個人的には楽天銀行にはお金をあまり入れたくないです。
ジャパンネットはトークンのワンタイムパスワードなのに被害にあってる?気になりますね。

91 : 名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/08/03(土) 07:25:37.94 ID:cIKolaOk0
>>21
ワンタイムパスのアルゴリズムはすでに昨年アメリカで、大手ITセキリュティの会社がハッキングにあって流出してんだよね
トークン生成アルゴリズムのシステムごと持っていかれてるから、すでに開錠済みの錠前付けてるのと同じ状態

安全なセキュリティは無いと思った方がいいかもしれません。

6 : 名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/08/03(土) 02:37:49.85 ID:NKND50dm0
ネットバンク不正送金、中国人留学生が引き出し役
「楽なバイト」と供述 警視庁が大学に指導要請 (日本軽座新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0102E_R00C12A8CR8000/
こんな奴らを税金で養ってる事実

国が犯罪者を育てているようなものですね。

88 : 名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/08/03(土) 07:08:44.12 ID:vjol5QkrP
レノボのパソコンはバックドアが仕込まれてるんたろ。どんな乱数をつかおうがパスワード抜かれるだろ。

最近レノボのPCの脆弱性が指摘されましたね。レノボも中国メーカーです。


ある意味、中国政府がこういう事態をスルーしさらに支援しているとすれば既に日本へのサイバー戦争ははじまっていると考えてもいいと思います。


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金返還】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。お気軽に連絡しましょう!


アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!。法テラス扶助制度利用OK!【収入により月5千からの分割返済】借金問題の実績5,000件以上。認定司法書士事務所。当サイト人気No1、トータルで安い!個人再生オススメ!

大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪司法書士会(登録番号3331)

心配なら、今電話予約!


イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。支払いも分割相談可能!全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。多重債務者オススメ。

東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)

逃げずに、今メール相談する勇気を!


▼ヤミ金のご相談はこちらから