厚労省、内部告発を放置 通報者は規則違反理由に解雇

厚労省、内部告発を放置 通報者は規則違反理由に解雇
2010年10月4日0時0分
 地方自治体の職員らでつくる全日本自治体労働者共済生活協同組合(自治労共済)の自動車共済をめぐり、
監督官庁の厚生労働省が、不適切な契約が多数あるとの内部告発(公益通報)を自治労共済の職員(58)から
受けながら、1年4カ月にわたって放置していたことがわかった。公益通報者保護法は告発者の保護を求めているが、
職員は通報の後、この告発に必要な内部情報を取得した行為が就業規則に違反しているとして解雇された。
厚労省は当時の対応に問題があったことを認めている。
 職員は、自治労共済島根県支部(松江市)に嘱託として勤めていた男性。2008年10月、厚労省を訪ね、
自治労共済を監督する社会・援護局の担当者に不正内容を通報した。全国15支部で、生計が異なる別居親族にも
共済加入を認めたり、交通事故を起こした組合員の共済加入日を事故以前にさかのぼる処理をしたりして
給付金を払っていた事例があることを、職場のパソコンに記録されていた内部資料などを基に説明した。
 しかし、担当者は通報翌日、自治労共済本部に事実関係の問い合わせをしただけで指導には乗り出さなかった。
しかも、その際に職員の名前と告発内容を同本部に伝えていた。職員は昨年8月、「内部情報の不正取得」を理由に
職場を解雇された。
 厚労省が、消費生活協同組合法(生協法)に違反しているとして、自治労共済に是正指導をしたのは今年3月3日。
この不正契約問題にからんで朝日新聞の取材を受けた直後だった。
 朝日新聞が入手した厚労省の内部文書には一連の経過がまとめられている。それには、職員の通報について
「適切な処理をしていなかった」と記されており、当時の対応に問題があったことを認めている。
厚労省は4月16日、内部通達で「要件に該当すれば通報者が公益通報と申告しなくても公益通報として扱う」
「受理した際の通報者への連絡の徹底」などを全職員に指示した。 (>>2-10に続く)
asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201010020348.html
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201010020348_01.html

まぁでもこういったことが表に出てくるようになっただけでも一歩先進といえそうです。内部告発を内部に行ってもダメです。第三者機関に通報しましょう。行政などいわゆる縁故やコネに対してヒイキをするようなことは日常茶飯事だということです。こういう既得権益もあぶりださなければなりませんね。一件一件が小さくても全体でかなりの国益が損なわれますし不平等です。


遠慮せず借金無料相談でドンドン質問しよう!

弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】24時間全国対応です!債務整理も分かりやすく教えてもらえますよ。

自己破産した私が、あなたに司法書士で個人再生をすすめる5つの理由
私は過去に自己破産しましたが、その選択は今でも間違ってはいなかったと思っています。一方でこのサイトでは債務整理はまず個人再生をおすすめしています。個人再生は...
アース司法書士事務所

全国24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!着手金・減額報酬0円。裁判所から支払督促や訴訟対応OK!法テラス扶助制度利用OK!借金問題の実績5,000件以上認定司法書士事務所。当サイト人気No1個人再生オススメ!大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【司法書士 近藤陽介】大阪大阪司法書士会(登録番号3331)


イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金のご相談はこちらから



1