債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

未成年の子供の借金は親が払うべきか

【質問】東京の大学に通っている18歳の息子が消費者金融から借金したらしく、私の所へ返済を求めてきています。このような場合、親には借金の返済義務はあるのでしょうか?また息子は未成年ですので、未成年者には貸した側にも問題があると思うのですが、いかがでしょうか?

【回答】両親には保証人か連帯保証人になっていなければ、支払い義務は全くありません。今後、消費者金融業者が支払いの催促にきた場合には、両親としては支払う意思のないことは、はっきりと伝えたらよいでしょう。

業者が執拗に支払いを求めるのであれば、貸金業規則法21条1項(取立行為規則)違反で刑事告訴するか、監督行政庁(金融庁・財務局か都道府県の貸金業指導係)に対し、行政指導または、行政処分の申立てをしたらよいでしょう。また場合によって、両親に対する取立禁止を求める仮処分や損害賠償請求などの法的手段をとることもできます。

■未成年者との借金の契約は取り消すことができる

次に、未成年の子供の借金については、取り消すことが出来ます(民法4条2項)したがって、消費者金融業者に対して、金銭消費貸借契約を取り消す旨の通知を内容証明郵便で出すようにしたらよいでしょう。

契約を取り消した場合、契約は初めから無効だったものとみなされ、未成年者は業者に返還する義務を負うことになります。例えば、借金を遊興費等に使ってしまったのであれば、未成年者は業者に返還する必要はなく、まだ手元に借金が残っていたり、自分の必要な生活費に使ったような場合は、その分を業者に返還しなければなりません。

なお、支払能力のない未成年者に金銭を貸付けることは、過剰貸付けを禁止した貸金業規則法13条違反となりますので、監督行政庁(金融庁・財務局か都道府県の貸金業指導係)に苦情申立てをしておいた方がよいでしょう。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。裁判所から支払督促や訴訟対応OK。法テラス扶助制度の利用が可能。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.