債務整理至急相談の画像

過払い金を弁護士費用に充当する

過払い金は弁護士費用に充当することが出来ます。つまり債務者の方が、ご自身では弁護士費用を捻出しないでも、債務の整理を弁護士に依頼することが出来るのです。弁護士の中には、債務整理の相談を受ける際に、相談料や着手金を要求する方もいます。「相談料や着手金を支払って貰える場合でなければ、相談も依頼も受けない」という考え方なのです。

債務者が今までの生活から脱却するために弁護士に依頼するんだという自覚をもたせるためには、最低限の費用を納付させる必要があるという信念からと思われます。 そういった考えもそれなりに説得力がありますが、多重債務に苦しんでいる方にとって、相談料や着手金といった弁護士費用は、決して軽い負担ではありません。

しかし弁護士費用を債権者から回収した過払い金でまかなうことができれば債務者の生活を圧迫しないですみます。このように過払い金を弁護士費用にあてることで、債務者の生活を圧迫せず、債務者が生活を債権する第一歩を踏み出すことが出来るのです。

最後に、取り戻した過払い金を他の債権者に対して残っていた借金の返済に充てたあと、余ったお金は債務者の手元に戻ってきます。過払い金は債務者がサラ金業者に預けていただけですので、余ったものは当然に債務者のもとに戻ってきます。

自分の手元に戻ってきた過払い金については、原則としてなんらの制限無く使ってかまいません。過払い金は債務者の方が今まで汗水たらして高い利息を支払い続けてきたことの対価ですから、それまでの苦しい生活を一時でも忘れていただいて、少しでもいい思いをしていただきたいものです。このように、サラ金業者から回収した過払い金は、最後には貯金としての意味を持つのです。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.