債務整理至急相談の画像

弁護士の報酬に統一基準は既に無い?弁護士選びは報酬の明確さと人柄で評価しよう

『借金いくら減る?』借金減額診断→アーク東京法律事務所

『前給でピンチを回避!』→給料債権ファクタリングは【七福神】

『穴場おまとめローン』→1本化ローンのユーファイナンス

借金の返済も思うようにならない債務者にとって、弁護士に依頼するにしてもいくらかかるのかは気になるところです。 任意整理の弁護士費用ですが、弁護士によって多少異なりますが、だいたい債務額の5%~10%ぐらいです。 事情によってはもっと安くなる場合もあります。

「東京弁護士会」「東京第一弁護士会」「東京第二弁護士会」の三会で報酬基準を定めていますので、これを元に説明いたします。


【任意整理】①一般業者事件
■着手金 1業者あたり2万円。
■報酬金 1業者2万円および業者主張の元金と和解による債務額との差額の1割。さらに過払い金として返還を受けた場合には返還額の2割。

【任意整理】②高利業者
■着手金 1社から10社までは1社当たり2万円、11社から50社は1社1万円、51社以降は1社5000円。
■報酬金 業者主張の元金と和解による債務額との差額の1割。さらに過払い金として返還を受けた場合には返還額の2割。

【任意整理】③商工ローン業者
■着手金 1業者あたり5万円
■報酬金 1業者5万円および業者主張の元金と和解による債務額との差額の1割。さらに過払い金として返還を受けた場合には返還額の2割。

個人再生事件
■着手金 住宅資金特別条項を出さない場合30万円。住宅資金特別条項を出す場合40万円。
■報酬金 業者数が15社以下30万円。16社から30社40万円。31社以上50万円。

自己破産申立事件
■着手金 債務金額が1000万円以下で業者数が10社以下20万円、11社から15社25万円。16社以上30万円。債務金額が1000万円超える場合40万円。
■報酬金 着手金と同じ

【報酬について明示してもらおう】


【報酬について明示してもらおう】

弁護士の報酬は分かりにくいという事をよく聞きますよね。弁護士に頼むということは一生で、あまりあることではありませんので、弁護士の報酬がどうやって決まっているのかというのは分かりにくいかもしれません。少し前までは弁護士会で統一基準というものがありました。 例えば300万以下の利益を与えたときには着手金で8%報酬金で16%、3000万以下の場合は着手金で5%報酬金で10%、という基準がありました。

概ねどこの事務所も旧弁護士会基準を使っていると思われますが、但し不動産業者のように売買価格の何%というような簡単に実際決まるかどうかが難しい事も事実です。同じような事件でも5年かかる場合もありますし1ヶ月で終わることもあるわけです。そうすると5年かかっているとすれば、それなりに貰わないと割に合わないと言うことになりますよね。

弁護士の場合には、中間金というものはあまりなくて、最初の着手金と終わった後の報奨金ということで決まります。概ね事件の結果、依頼者にどういった利益が与えられるかと言うことで着手金と報酬金というものが決まってくるのです。ですから経済的利益というのが何かという部分が難しいところではあるのですが、その辺は依頼者との話し合いによって決めさせていただく事が多いと思います。

そうはいっても報酬については事前に何%か、またこのケースではこのくらいと、キチンと契約書に報酬金を明示して貰うことが必要になります。 弁護士は契約書を作らねばならないことになっていますので、報酬について契約の段階でハッキリしなければ、ちゃんと弁護士さんに聞いて、報酬について明示してもらうようにしてください。弁護士の仕事というのは安ければいいというものではありませんので、費用が安いからというだけで決めると言うよりも、弁護士さんとの相性、若しくは意見交換がちゃんとできるかどうか、ということも兼ねて弁護士選びを考えていただければと思います。

東京都の弁護士費用は競争率が高いから安い

債務整理を必要とする人は、全国全ての都道府県に存在しますが、法律事務所は東京都や各都道府県庁所在地に多く分布しています。なぜなら、各地方裁判所に近い位置に法律事務所を構えることが多く、受任時には依頼者との面談を行うことが求められているからです。

弁護士会が弁護士報酬について目安となる基準を設けているものの、弁護士費用は自由に決めることが出来るため、当人同士が納得すれば金額設定は比較的自由に出来ます。弁護士の人数が司法試験改革に伴い司法試験合格者数が増えたことで、弁護士同士の競争環境が大都市ほど激しくなっている状況です。

債務整理を依頼する人の数は、東京都が最も多くなっているものの法律事務所の数も最多となるために価格競争が起きています。一部の法律事務所は複雑な案件のみを扱うことにしているため、自己破産であっても50万円クラスの報酬を提示することは珍しくありません。

弁護士自らが全ての債務整理に直接事務的な部分まで関わる場合には、弁護士報酬が比較的高くなる傾向にあります。一方、事務員に書類作成の大半を任せて弁護士が監修を行うスタイルを採用している所ほど、債務整理の方針決定が行われれば実際の申し立て書類作成は人件費が安い事務員が手分けして準備するから安く出来るわけです。

弁護士費用の分割払いに対応しているか事前に確認しよう

弁護士費用は着手金・報奨金という2種類に大きく分けることが出来ます。着手金だけであっても債務整理を行う際には自己破産同時廃止事件であっても20万円以上かかることが一般的です。自己破産準備を開始してから実際に申し立てを行う迄の間に分割払いにて弁護士費用を支払うことを認めるかどうかは弁護士の方針次第となります。

なぜなら、債務整理には任意整理だけでなく自己破産や個人再生など複数の方法がありますが、債務整理を行う時点で完全後払いとしてしまうと、途中で連絡が取れなくなる依頼者が出た時に弁護士は大損しかねないからです。このため、債務整理の中でもまとまった費用が必要になる自己破産と個人再生手続きについては、分割払いに応じるとしてもどの範囲内についてのみ早急に支払わなければならないのか確認しなければなりません。

①着手金のみ分割払い完了した時点で自己破産申し立て手続きに入る

②着手金と報奨金の両方について分割払いが完了するまで自己破産申し立て手続きを行わない

③着手金と報奨金を両方一括払いしてから受任する

上記のように弁護士が債務整理の依頼を受ける際には、着手金と報奨金の少なくとも1方以上支払わなければ本作業に入らない点に注意しなければなりません。司法書士の一部が行っている任意整理時の完全後払い制の分割払いは弁護士で採用している所は滅多にないということです。なぜなら、弁護士は全ての債務整理方法に対して本人の代理人となれるので、最初から支払能力に疑いがある場合には自ら断ることが出来るからです。着手金をしっかり払い、その上で債務整理に必要な連絡を欠かさない依頼者に対してのみ最後まで面倒を見ます。

初回面談を必ず行ってから債務整理の依頼を行う

弁護士に債務整理を依頼する際には、必ず初回面談を依頼者本人と弁護士が直接対面して行わなければなりません。法律上の規定ではなく、弁護士会と法務省によるルールと考えれば分かりやすいです。中には遠隔地に依頼者が住んでいるからという理由だけで、電話のみの対応をしようとする弁護士がいます。しかし、実際に対面の上で依頼しなければ、本人が実際に困って依頼しているのかなりすましの依頼者がいるのか弁護士にも判断出来ません。いくら東京都内の法律事務所が安く自己破産や個人再生手続きが出来るからといって、そもそも申し立て裁判所を同一都道府県内以外で行うこと自体にも規制が掛かっています。

債務整理は依頼者の人生を左右することになるので、弁護士探しを行う際には本人が弁護士と複数会った上で自分にとって最も話しやすく信頼できる弁護士を見つけてから正式な依頼を行うと良いです。初回面談すら行わない弁護士は、本当に電話対応を行った相手が弁護士かどうかすら分かりません。実は事務員が弁護士のフリをして電話対応を行って受任している可能性すら否定できないわけです。初回面談をしっかり行うという基本的な所を押さえるだけで、債務整理を納得出来る形で行えるようになります。



■関連エントリー

あなたにオススメする借金解決方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断してみよう!

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

※以下ご紹介している業者はどこも大手ではなく中小零細レアなところです。自己破産経験者の私が厳選していますのでオススメ!大手の審査に落ちた方はチャレンジしてみよう!

①まずは借金減額診断から!

債務整理は最終的な方法として考えていると思いますが、減額効果が大きければ即効で借金の悩みが解決できる方法でもあります。無料減額診断はすぐできますのでご自分の借金がどのくらい圧縮可能なのか知ると良いでしょう。アーク東京法律事務所専用のサービスですので不明瞭な料金や怪しい弁護士を押し付けられることもありません!

アーク東京法律事務所所

今スグ借金減額診断シミュレーターできます!お気軽に減額診断!任意整理・個人再生・自己破産に対応!費用は分割、後払い可能!今お金がなくてもOK!借金がなくなるケースもありますので今スグチェック。借金の取立てを即日STOPすることも可能。債務整理得意の弁護士事務所。家族や会社にバレたくない!東京・神戸に事務所があり全国に対応。スピード対応、安心を重視する弁護士。多重債務者オススメ。

【弁護士法人 アーク東京法律事務所】東京都千代田区麹町3-12-5 近代ビル2階 代表弁護士:宮崎拓哉 東京弁護士会(登録番号26788)/兵庫県神戸市中央区三宮町3-7-6 代表弁護士:岸本未理 兵庫県弁護士会(登録番号39258)

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓


②穴場のおまとめローン!

まずはお申込みで複数の借入を一本化!無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方もおまとめ(借換え)ローンを組める可能性は十分にあります。ネットからの申し込みも簡単です。以下お勧めのおまとめローン会社を2社ご紹介いたします。大手で断られた方にオススメ!

ユーファイナンス

当サイト人気No1の借り換えおまとめローン。保証人・担保不要。融資まで最短1日。融資金額:100万円~700万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:7.3%~15%(要審査)返済期間:最長10年(1~120回)必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書。カンタン申込フォームからお気軽にどうぞ。

株式会社UCS 東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F。営業時間:平日 9:00-18:00。

中央リテール

他社一本化(借換)おまとめローン。融資まで最短1日。他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。融資金額:~500万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:無担保10.95%~13%、不動産担保8.2%~9.8%(要審査)返済期間:最長10年。返済額が軽減できるかはお申し込み後にご確認ください。

中央リテール株式会社 渋谷区道玄坂2-25-7-6F。


③非常時のキャッシング!

大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった方。保証人・担保不要。14.959%~17.950%

フタバ

イチオシ!30日間利息ゼロ!インターネット申込みで24時間全国受付!来店不要・即日振込みキャッシング!創業50年以上の実績と信頼。お申込みはとっても簡単、お申込みフォームに入力するだけ。女性スタッフが対応致します。大手断られた方!

フタバ株式会社 東京都千代田区岩本町3-2-10【金融庁登録(東京都)第31502号/日本貸金業協会 第000034号】

女性専用即日振込みキャッシングはこちら、来店不要、主婦・パート・アルバイトの方にもご融資可能!女性スタッフが対応致します。


④給料ファクタリングで即日現金化!

借金をしないで現金調達ができる画期的なサービスです。いわゆる前給と同じ。キャッシング、融資、フリーローン等と違い利息がありません。融資ではないので金融ブラックの方もOK。とにかく簡単、早い、即日対応可能。

七福神

借金ではないのでブラックでもOK!給料日前で財布が寂しい。急用でどうしてもお金が必要。給料を前払いしてもらえないか。会社、友人、家族には相談しづらい方。①身分証明書(免許、住基カード)②保険証・③直近2ヶ月分の給料明細(または振込みされている通帳のページ)を用意すればOK。手数料3者間の場合は手数料3%~。2者間の場合は手数料5%~。

株式会社ZERUTA 東京都調布市調布ケ丘2-15-1ビリアベルデ310

チョウタツ王

ファクタリング会社一括見積もり!こちらは法人・個人事業主の方のファクタリングです。一番条件の良いファクタリング会社を選ぼう!売掛金で最短即日~3日程度で資金調達ができます!融資が下りるまでの期間や大口の入金までのつなぎ資金として!

Limited Members Associate株式会社 東京都港区麻布十番1-3-8


特集サイトで気になる情報をチェック!

借金返済大作戦


 

© 2014-2019 債務整理の至急相談 All Rights Reserved.